芸能

ナイナイ岡村隆史、矢部浩之の“不貞発覚”への男気対応で好感度爆上げ

 4月8日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で、総勢50人もの芸能人にドッキリを仕掛ける大型ドッキリ企画が放送された。

 菅田将暉や武井咲といった普段はドッキリとは縁がない俳優たちも餌食となったのだが、そのラストを飾ったのがナイナイの岡村隆史。相方の矢部浩之が仕掛け人となり、コンビ解散を持ち掛けるというドッキリだ。

 流れはこうだ。矢部がモデルとの不貞が週刊誌にスッパ抜かれてしまったことを岡村に楽屋で報告。世間体を気にする矢部は相方の岡村にも迷惑がかかってしまうことを危惧し、解散を提案するというものなのだが、その報告を受けた岡村の対応に賞賛の声が上がっている。

「岡村は終始、冷静に矢部の話を聞き、矢部を一切怒ることなく優しく諭していました。しかも責めるどころか、矢部の家庭のことや今後のことをひたすら心配していました。コンビ解散の話になった時も『それはない』とキッパリ否定。そのうえで、いずれコンビの間でどうにか笑いに変えていくといった方向性の話をして、『俺‥‥俺がおるからね』と、何かの感動ドキュメントを見ているかのような気持ちにさせられる言葉も放っていました。矢部に誘われたことがきっかけでお笑いの世界に入ったことや、10年に自身が休養期間に入った際に何も心配を与えずに待ち続けてくれたこともあり、矢部への恩義もあるのかもしれませんが、それでも一切相方を責めない姿は視聴者を驚かせたようです」(エンタメ誌ライター)

 コンビを結成して27年、出会って30年の彼らだが、2人の信頼関係を目のあたりにした人たちからは「岡村は本当に真面目なんだな」「感動して涙が出た」「岡村の今回の対応はすばらしい」など、アンチの書き込みはほぼゼロ。岡村の好感度が爆上げされる結果となった。

 今回はあくまでドッキリという形であったが、岡村が怒らなかったのは、独身時代は相当遊び人だったという矢部なら不貞しかねないと思ったのでは、という冷静な声もある。真面目なパートナーを裏切らないためにも、矢部には私生活をきっちりし続けてほしいところだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ