芸能

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(1)橋本マナミと4人の天敵…「VS佐野ひなこ」「VS杉原杏璃」

 グラドルたちが本来、争うべきはボディの美しさである。とはいえ、そこは彼女たちも人の子。ライバルたちとバトルに発展した全ケースを追う!

 ここ数年、茶の間レベルで最も浸透したグラドルといえば橋本マナミだろう。その急激な人気は、あちこちに禍根を残すことに‥‥。

 15年にオンエアされた「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)でのこと。当時20歳で雑誌を総なめにする勢いの佐野ひなこに対し、下積みが長かった30歳の橋本は立て続けに砲弾を浴びせる。

「佐野さんが表紙の雑誌がコンビニにあったら、目立たないように後ろの棚に回す」

「今はくびれが自慢だけど、30歳になったらなくなっていく」

「ツイッターの写真は男性を意識している」

 これには佐野も先輩を立て、特に言葉を荒げることなく「たくさんのグラドルがいる中で私をそういう風に見てくれてうれしい」とオトナ対応。橋本がようやくつかんだポジションに必死だということは十分にわかった。

 グラビアだけでなく、バラエティ番組でも売れっ子になった橋本に対し、要求されるのは「キャリアに裏打ちされたぶっちゃけ発言」である。それが「旅ずきんちゃん」(TBS系)では、やや暴走しすぎてしまった。司会の友近から「グラドル仲間でどんな話をするの?」と振られ、橋本は「整形とか胸を豊かにする手術の話とか」と答えた。

「最近の方で‥‥グラドルのAさん」

 ご丁寧にAは姓ではなく、名前のほうだと注釈。これにネット民は「杉原杏璃を指しているのか?」と一斉に騒ぎ立てた。

「苗字はSではないです」

 橋本は、S・Aの可能性については否定したものの、風評被害は拡大する一方であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白