スポーツ

武豊も異議を唱えた天皇賞・春「距離短縮」論争の終着点(1)グローバル化が進む中で…

 ここ数年、天皇賞・春の時期になると、必ず巻き起こる論争がある。現行の3200メートルからの距離短縮がそれだ。競馬界最大の競走馬生産グループ、そして天才騎手をも巻き込んだ、大問題の決着の行方は──。

 そもそもの発端となったのは、論客として知られる競馬記者・野元賢一氏が13年末発売の競馬週刊誌に載せた記事だった。欧州にならって2000~2400メートル路線を強化すべく、春の天皇賞は2400メートルに。さらに菊花賞を古馬にも開放せよ、というものだった。

 確かに世界の潮流は2000メートルが中心になりつつある。フランスのダービーも2400メートルから2100メートルに短縮され、ドバイやイギリスでも2000メートル前後の大レースが評価を高めているからだ。

 野元氏の寄稿とほぼ同時期にノーザンファームの吉田勝己代表も、社台の会報誌で天皇賞・春の距離短縮を提言。競馬サークル内で大きな話題となった。

「特殊な距離ゆえに使い勝手が悪く、前後のレースとの関連づけが難しいため、各陣営が春のローテーションに頭を悩ませていること。さらに、故障の可能性が高いことも、吉田氏は指摘。その打開策として出していたのが、距離を2400メートル程度に短縮させることだった。もしそうなれば、なお余力を残した馬がキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(春の欧州NO1決定戦競走)に挑戦するプランも描きやすくなる、という主張でした」(馬産地関係者)

 確かに、春の古馬戦線は中距離馬が目指すレースがなく、海外へとその道を求める陣営が多くなっている、とも言われる。

 これに異議を唱えたのは、天才・武豊(48)だった。武は世界的な流れには一定の理解を示しつつ、週刊誌のコラムで短縮反対を表明。理由は歴史と伝統を誇る大事なレースであり、芝3200メートルという距離は、騎手の腕の見せどころでもあるというものだった。天皇賞・春を7度も制している「平成の盾男」ならではの発言と言えるだろう。

 距離短縮論の背景には、また別の事情も絡んでいた、と競馬ライターは言う。

「天皇賞・春を勝っても種牡馬になれない馬がたくさん出ているから、やっかいなのです。ここ10年でも、マイネルキッツ(09年度)、ジャガーメイル(10年度)、ビートブラック(12年度)と、3頭も乗馬用の馬になっている。競馬の本質が種牡馬選定にあるとしたら、それにつながらない天皇賞・春の価値、意義が問われてもしかたがないだろうとは思いますが‥‥」

 あるいは、近年はフルメンバーがそろわないこともあって、レース自体の魅力が低下していることも事実。そういうこともまた、問題視されているのだ。

 こうした現実を踏まえて噴出している距離短縮論議。実際に競走馬を管理している調教師たちはどう考えているのか。トレセン関係者が明かす。

「今は生産者もオーナーもグローバル化を意識して、競馬に取り組んでいます。世界の潮流は2000メートルを中心とした中距離が主流となっていますから、調教師もそれに合った馬作り、使い方を余儀なくされているのが現状。口にこそ出しませんが、春天のような長距離レースは今の時代にそぐわないと思っている人が多いようです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東京から干された?和田アキ子をボコったベテラン芸人とは?
2
佐藤健もクギ付け!?綾瀬はるかの激ヤバ“胸揺れ”シーンに期待の声
3
食パン一斤一気食いも?木南晴夏、玉木宏と電撃結婚で懸念される異常パン愛!
4
桐谷美玲、「三浦翔平が交際宣言」よりも祝福した“劇的な顔面変化”!
5
テレ朝・弘中綾香「バカァ!」炸裂にオードリー若林と交際女優が強烈嫉妬か!?