スポーツ

武豊も異議を唱えた天皇賞・春「距離短縮」論争の終着点(2)大阪杯のGI化が及ぼす影響

 こうした状況に、「今年、『終着点』に向けて、一定の道筋がついたのではないか」と話し、次のように論ずるのは、先の競馬ライターである。

「天皇賞・春の前に行われる芝2000メートルの大阪杯(今年は4月2日に開催)がGIに昇格したことで、そして内容的にも興行的にも成功したことで、いちおうの決着を見た気がします」

 中距離の「受け皿」として新設された大阪杯が及ぼす影響は小さくないだろう。

 今後の競馬界について、厩舎関係者はこう話す。

「短距離王国のオーストラリアで最も人気のあるレースが芝3200メートルのメルボルンカップであるように、海外でも決して廃止されているわけではないんです。それどころか、欧州では長距離戦再評価の機運が高まりつつある。イギリスでは8月に行われるグッドウッドカップ(3200メートル)がGIに昇格したし、アイルランドやドイツでも、その傾向がうかがえる。サラブレッドの多様性の確保もあるのでしょうが、日本も見習う点があるように思えます」

 日本の競馬はもともと、競馬発祥の地であるイギリスにならい、レース体系を作り上げてきた。当初は5つのクラシックレースに加え、春と秋の天皇賞(ともに芝3200メートル)、暮れの有馬記念の8つが大レース扱いだった。それが84年に距離別体系が確立され、同時にグレード制が導入されたことにより、大きな変貌を遂げることになる。

 馬の使い分けが徹底されることになり、その結果、スプリンターやマイラータイプの馬にとって、大きなメリットが生じることになった。スプリンターズステークスや安田記念で活躍した馬には、種牡馬への道が開けることになったのだ。実際にスプリンター王だった種牡馬サクラバクシンオーは、6年前に急死するまでモテモテだった。

 その逆に、ステイヤータイプは徐々に影が薄くなりつつある。距離別体系が確立される以前は純長距離タイプの種牡馬がいたものだが、それも今や皆無に近い。

「長距離レースといってもスタミナを競うというより、スローな流れで進み、直線でヨーイドンの競馬になりつつある。時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、古くから競馬に親しんでいる人にとっては寂しく思えるのではないでしょうか」(馬産地関係者)

 それでも長距離の大レースがなくなることはないと、トレセン関係者は断言するのだ。

「一つには、天皇賞・春を勝ったスペシャルウィークやマンハッタンカフェ、ディープインパクトなどが種牡馬として成果をあげているから。それぞれスピードと持久力にたけたGI馬を出しており、長距離もOKの万能型です。実際に、長距離のGIを勝った馬も出していますね」

 もう一つは、時代うんぬんに関係なく、根強いファンがいるから。さる競馬ファンの男性が、

「1周回ってくる時の雰囲気が大好き。長い時間楽しめるし」

 と言えば、別のファンも、

「母の父に中長距離馬の血が入っていないと、真の名馬は出てきません。それは歴史が証明しています。その意味でも、長距離戦は大事にしてほしい」

 幸い今年の天皇賞・春(4月30日)は顔ぶれもそろい、見応えのあるレースが期待できそう。昨年のダービー馬マカヒキこそ距離を考慮して回避するものの、金子真人オーナーはその代わりに上がり馬のシャケトラを出走させる。期待のマンハッタンカフェ産駒で、キタサンブラック、サトノダイヤモンド相手にどれだけやれるか楽しみなのだ。

 競馬界にとって、天皇賞というブランドはやはりまぶしいのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題