芸能

稲村亜美を「ホームランチャレンジに失敗」で泣かせた張本人は誰だ!

 悲惨すぎる結果も同情の声が殺到!?

 “神スイング”でお馴染みの稲村亜美が先月29日に放送されたバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)に出演。5スイングでホームランを打てるかというチャレンジに生放送で挑んだ。

 ピッチングマシンから投じられる110キロの直球を両翼は90メートルに設定されたラッキーゾーンまで運ぶことができれば、チャレンジ成功となるが、結果はファウル3回に三塁ゴロ2回というパッとしないものだった。「泣きのもう1回」となった6球目も二塁ゴロで終え、稲村は「悔しいです」と、涙を見せた。

 結局ホームランはおろかヒット性の当たりもなく、一度も外野に打球が飛ばなかった。そのため、視聴者からは「全然見ていてハラハラしなかった」「最初から無理だとわかってたけど、もう少し飛ばしてくれると思ってた」「“神スイング”も大したことないな」と、いう声がネット上で飛び交った。

 だが、一方では「5スイングでホームランを打てとか…プロでも難しいだろ」「こんな無理ゲー企画を考える番組側が悪い」「こんなプラスにならない企画をやらされる稲村が可哀想だわ」と、涙を流した稲村に同情し、この企画を考えた番組制作側が悪いという声も目立っている。

「実際の女子プロ野球でも71試合でわずか4本しかホームランが出ていないということですが、それをたった5スイングでホームランを打てという方が無理がある。番組MCの中居正広も15年の『27時間テレビ』(フジテレビ系)で同様のホームランチャレンジに挑んでいますが、400球以上打っても結局ホームランを打つことができなかった。また、稲村は本番8時間前から球場入りし練習に打ち込んでいましたが、ホームランは出なかったというのですから、完全に企画倒れですね」(エンタメ誌ライター)

 中居は同番組で稲村が再チャレンジすることを希望していたが、稲村の名誉のためにも辞めておいた方がいいのでは…。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃