スポーツ

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(3)仁義を通さず中日森監督が激怒

 さて、5月16日、37試合目にして「自力優勝消滅」という危機的状況に陥っているのがロッテだ。61年に近鉄が唯一記録したシーズン100敗がチラつくばかりか、チーム打率が2割1厘と、ちょうど国鉄スワローズが62年に記録した戦後ワースト記録に並び、まさに記録的惨状である。ベンチには連日盛り塩が置かれ、選手にも重い空気が蔓延する中、実は新たな遺恨を生み出していた。選手、スタッフ間で「セ・リーグになら勝てる!」と能天気な声が出るありさまなのだ。

「ロッテはオープン戦でぶっちぎりの首位でしたが、18試合のうち16試合はセ・リーグとの試合だった。ムードメーカーの清田育宏(31)は『セ・リーグのピッチャーなら打てる』と漏らし、『記者が暗いと選手も暗くなるんで、足引っ張らないようお願いしますね』と筋違いなお願いまでしています」(スポーツライター)

 セ・リーグも最弱チームになめられたものだが、そこに立ちはだかりそうなのが、こちらも崖っぷちの中日・岩瀬仁紀(42)だという。

森繁和監督(62)が岩瀬の扱いに頭を悩ませているんです。4月26日、試合後の囲み取材で敗戦投手となった岩瀬の名前をある記者が出すと、森監督は無視したあげく、会見を強制終了しています。岩瀬は首脳陣に『二軍に降格するなら引退する』と伝えている状況で、森監督は功労者に引導を渡すことに躊躇しているんです。そこで出た妙案は、ロッテ戦で登板させること。歴史的貧打線に打たれれば自身で引退を決めるでしょうし、抑えて復調につながれば、それはそれでよしという考えのようです」(地元中京メディア関係者)

 ちなみに、森監督はもう一人、因縁深い相手がいる。西武の辻発彦監督(58)だ。

「辻監督は昨年まで作戦兼内野守備コーチとして、森監督を支えていました。森監督は『残ってほしい』と要請し、辻コーチに西武の新監督就任の噂が出た際、『西武行くのか?』と聞くと『そんな話はまったくありません』でした。ところが蓋を開けてみたらこれだった。仁義を重んじる森監督は激怒している」(前出・スポーツライター)

 大小さまざまな火種をはらむ交流戦が、今年もペナントレースの行方を左右しそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!