芸能

ビートたけしの金言集「歌手活動再開に向けてせっかちぶり発揮」

「こないだ俺、歌ったろ。あれ、えらい評判いいな。1曲しか歌ってねーのにやたら言われるぞ。『こないだの歌、感動しました』なんてよ」

 数年前に「第8回・したまちコメディ映画祭in台東区」にて、ロックバンド・サンボマスターの演奏をバックに、持ち歌「浅草キッド」を客前で歌い上げた殿は、その後しばらく、先の発言を口にされていました。今、殿の中で、長らく封印していた歌手活動再開も“ありだな”といった気持ちがはっきりと高まってきています。そんな“すっかり‥‥その気で!”な殿は、まだ日程も決まっていないのに、

「次のライブはよ、最後に俺が歌ってもいいしな」

 と、相変わらずのせっかちぶりにて、次の単独ライブ構想を楽しそうに語ると、

「バンドはよ、俺の運転手がドラムできるし、ラッシャー(板前さんね)も一応サックスできるしな。あと(ギターで)義太夫もいるから大丈夫だろ」

 と、なぜかバックバンドを身内で固めようとする殿なのです。別にいいのですが、少し言わせていただければ、義太夫さんは“ほぼプロ”、みたいな方ですから構わないとしても、ラッシャーさんのサックスは、“できる”といったレベルには程遠く、“ただサックスを持っているだけ”といったものなのですが‥‥。

 まーそれはそれとして、殿の昨今の歌手構想です。

 以前、こちらでも書きましたが、サンボマスターさんと共演された殿は、彼らにいたく興味を示されると、“もし、サンボマスターと何かやるのなら、こんなことをやりたい”と、思いつくままにいくつかプランを語った日がありました。

 さらには、

「あの子たちは気が利くの?」

 とも。ちなみに、この場合の「気が利く?」の意味は、“シャレが通用するの?”“お笑い的なこともできんの?”といったことでしょう。この時、殿の熱烈なファンだと聞くサンボさんですから、当然“気は利くもの”と解釈したわたくしは、「もちろんです」と、勝手に即答しておきました。

 そんな会話があった3日後、殿にお会いすると、わたくしの顔を見るなり、

「おい。サンボマスターには電話したか?」

 と、いきなりな発言を放り込んできたのです。どうやら殿は、わたくしとサンボさんが友達か何かだと勘違いをされているようなのです。もちろん、そのようなうれしい事実はありません。で、それから幾日かしたある日にも、

「おい、サンボマスターは何か言ってたか?」

 と、またしても“サンボさんとお前はちょくちょく会ってんだろ?”的な発言を入れてきたのです。おかしいな~。サンボさんと友達なんて殿に一言も言ってないのにな‥‥。とにかく、せっかちな殿のことです。そろそろサンボさんと連絡をとらないと、まずいことになりそうです。どなたか、わたくしにサンボさんを紹介していただけないでしょうか。お願いいたします。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!