芸能

月9「貴族探偵」の視聴率回復は嵐ファンの各メンバー担当が結集の成果!?

 もはや爆死街道まっしぐらと危ぶまれていた月9ドラマの「貴族探偵」(フジテレビ系)が、6月12日放送の第9話で視聴率を8.4%に回復させた。これは前週の7.0%から2割増という大幅な上昇。フジとしては嬉しいニュースだが、ここに来ての急上昇はどうしたことか。芸能ライターがその理由をこう推測する。

「主役を務める嵐の相葉雅紀を応援する“相葉担”に加えて、他メンバーの担当も結集してリアタイ(リアルタイム視聴)祭りに参加したようです。普段のジャニーズファンはかなりの縦割りで、なかなか他のメンバーを応援しないものですが、今回ばかりは嵐ファンの総力を見せつける形になったようですね」

 だとしても、理由もなく他メンバーのファンが相葉を応援するはずもない。その裏にはSMAPなき今、嵐がジャニーズを牽引する“トップ”であらねばならないというプライドがあったというのだ。

「ジャニーズの月9ドラマでは、昨年10月期にHey!Say!JUMPの山田涼介が主役を務めた『カインとアベル』が平均視聴率8.23%と爆死。ところが今回の『貴族探偵』も8話終了時点で8.55%まで下落しており、残り2話が数字を落とした場合、最終的に『カインとアベル』を下回る計算になっていたのです。しかし嵐がヘイジャンに負けるなど、嵐ファンとしては絶対に受け入れられない屈辱。危機感を感じた嵐ファンが結集したのも、ある意味当然だったわけです」(前出・芸能ライター)

 これにより「貴族探偵」は最終回で5.5%以上をマークすれば、「カインとアベル」を上回ることが確定した。ただ嵐ファンとしてはその程度の数字で満足せず、初回放送(11.8%)に続く“二桁視聴率の夢、再び”を実現したいところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】