女子アナ

“赤黒いモノ”を指で優しく…カトパン「思い出の地」で見せた艶っぽレポート!

「ピューッて来るんでしょ!?」

 こわごわと、濡れ光る太い筒状のモノにおののきながら、こう言ったのは、カトパンことフリーアナの加藤綾子。

 目の前にいる男性が、赤みの中に黒っぽさも見える、そのモノに手を添えて、彼女の目の前に差し出した時のことである。

 こんな場面が繰り広げられたのは、6月13日に放送されたバラエティ「火曜サプライズ」(日本テレビ系)。いくつかのコーナーがあるこの番組で、カトパンが卒業した国立音楽大学からもそう離れていない「思い出の地」立川を訪ね、駅近のグルメを満喫するという趣向のコーナーでのことだ。

 レギュラーのウエンツ瑛士とともに、カトパンが入ったのは、東京・立川駅近くのイカが売り物の居酒屋。このお店は生簀に体長30センチほどのイカを何杯も泳がせており、その場でさばいて食べさせてくれるというのがウリだったが、特別に生簀からイカを手づかみするのを許可されたウエンツ。手に取ったイカをカトパンに近づけるようにした時に彼女は冒頭のような言葉を発したのだ。どうやらイカが墨を吐くことを恐れての言葉らしい。

 さらにウエンツは、イカを触らせようと試み、その太いイカを手で握らせるようにする。と、カトパンは、そっとイカを触りながら、その脈を打っているかのような感触にこう言った。

「ドクドクしてる!」

 つまりイカが生きていることに驚いて発した言葉なのだが、放送作家は言う。

「フリー転身して1年あまりのカトパンはすっかりフリーらしく化粧も少しハデ目で、服装もラフな感じでとても艶っぽかった。それだけに、番組スタッフはイカをダシにして『ピューッ』とか『ドクドク』とか彼女に言わせ、カトパンファンの男性視聴者に妄想を掻き立てるように編集、放映したように見えてしまうんです」

「アサヒ芸能」本誌でも最近、古巣のフジテレビへの「訣別宣言」が報じられたカトパン。日テレの番組でさっそくその「魅力」を発揮してくれたようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?