女子アナ

テレ朝宇賀なつみを襲った「夜の新婚生活」を想起させる共演者の一言!

「2日間大変申し訳ありませんでした」

「お帰りなさい、よかったです」

 こんなやりとりが交わされたのは6月23日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)冒頭でのこと。風邪で、21日、22日と、この冠番組を休んだ羽鳥キャスターの代わりに、この2日間、同番組のアシスタントを務める宇賀なつみアナがキャスターを務めたのだ。

「この番組が好調なのは、羽鳥さんの巧みな司会ぶりに負うところが多い。宇賀アナの仕切りでどうなるかと心配だったんですが、2日間とも、うまく番組を回してましたね」(放送作家)

 ところが、ピンチヒッターを務めた初日の21日に、宇賀アナが一瞬狼狽し、同時に彼女の私生活も垣間見えるような、こんな一幕があったのだ。

「将棋の藤井聡太四段が、28連勝を賭けて澤田真吾六段との対局する直前ということで、澤田六段、藤井四段との強さの秘密を特集したコーナーでのことです。将棋がわからない人にもわかるように藤井四段の強さを絵を使い『すれ違って、しばらくしたら(相手が)斬られている』ような感じだという説明がされた時のことです。この表現を、レギュラーコメンテーターの玉川徹氏が、こう言い換えたんです。『昔、勝新太郎さんが、女は口説くんじゃない。気がついたらベッドの中にいるように、持って行くんだとおっしゃってて、そういう感じですか?』と」(前出・放送作家)

 スタジオは男性スタッフらの爆笑に包まれたが、宇賀アナは、あきれたように、

「そ~の~例えどうなんですか。(絵を指しながら)これでいいじゃないですか~」

 と返したのだ。

「宇賀アナの表情はカメラが引いていてわかりませんでしたが、笑いながらも少し怒ってみせるような口調でした。宇賀アナといえば、今年5月に番組内で結婚を発表したばかりの新婚ホヤホヤ。玉川氏の、朝の情報番組にはそぐわない例え話に、一瞬、自分の夫との“夜の私生活”が頭をよぎったんじゃないか、と思ってしまいましたよ」(前出・放送作家)

 いずれにせよ、宇賀アナが玉川氏の発言に一瞬困惑したことは間違いない。羽鳥キャスターが復帰した時に口にした「よかったです」にはいろいろな意味がこめられているように聞こえるのだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬