芸能

中森明菜、松たか子…「月9」黄金時代にヒロインたちが放った珠玉の名セリフ

 嵐・相葉雅紀が主演するフジテレビ「月9」枠の連続ドラマ「貴族探偵」が6月26日にいよいよ最終回を迎える。「月9」30周年という節目の勝負作として期待されたが、視聴率は10%割れの苦戦続き。

 しかし、かつて月曜の夜は「OLたちが一斉に帰路を急ぐ」とまで言われ、数々の名作がヒロインたちの名セリフと共に社会現象を巻き起こしたものだった。そんな珠玉のシーンをプレイバック!

「じじいと寝たんだよ」

 1992年に放送された「素顔のままで」で中森明菜が放ったセリフだ。

「安田成美とのWヒロインながら、明菜の初ドラマ主演でした。この3年前には近藤真彦宅での自死未遂騒動もありましたが、彼女はこの作品で女優としての評価を得て、みごとに芸能界の真ん中に返り咲いた。明菜が演じたカンナは売れないダンサーの卵であり、チャンスをつかむための『じじいと寝たんだよ』は、芸能界のリアルさを感じさせ、視聴者に強烈なインパクトを与えました」(芸能記者)

 視聴率は30%を超える大ヒットとなるも、89年に公開された洋画のパクリ説や、明菜と安田の不仲報道など舞台裏もにぎやかだった。

「また会えたら会おうね」

 こちらは、1997年に放送された「ラブジェレネーション」での松たか子のセリフ。

「2001年の『HERO』も月9歴代2位の最高視聴率36.8%を記録しましたが、キムタクにとって、もっとも相性のいいパートナーとも言えるのが松でしょう。初共演の『ラブジェネレーション』時にはまだ20歳でしたが、父親譲りの演技力が光っていました。キムタク扮する哲平にキスされると、絶妙な間で『‥‥それだけ?』とポツリ。最終回の『哲平と出会えて良かった。また会えたら会おうね』とサラリと言ってのけるシーンは、多くの同性から共感を得ました」(テレビ誌ライター)

 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.46」では、他にも酒井法子、山口智子、石田ひかり、中山美穂、浅野温子、松嶋菜々子ら歴代月9ヒロイン20人の名セリフ&秘話を紹介している。主題歌売上げベスト10も発表されているので当時を懐かしみたい人たちは、コンビニや書店でチェックしてみてはどうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…