スポーツ

松山英樹「メジャー初制覇」を狙う“下半身改造”(3)優勝の鍵はウエッジにあり

 ただ、地道な努力の成果は、なかなか結果につながらなかった。

「16年の全米オープン、全英オープンで連続予選落ちしたあとは、かなり悩んでましたね。コツコツと下半身を鍛え、筋肉量が増えることで、スイングフォームも調整が必要となる。ここがゴルフの難しさです。一時は、90キロあった体重を落とすことさえも検討していた。フォームだけでなく、クラブの変更もあり、悩みは尽きない。昨年の全米プロで4位になっても、今年になってフォーム改造に取り組んでいるほどです」(スポーツ紙デスク)

 下半身強化だけでなく、それに伴うフォーム作りに明け暮れてきた松山は、米ツアーの公式サイトの中で“練習の鬼”とまで称されている。

「米国では“居残りのヒデキ”として有名で、試合後、いつも最後まで練習している。ゴルフの技術トレも地味そのもので、ひたすら打ち込んで納得のフォームを体に刻むしかない。ただ、若いだけにオーバーワークを心配する現地の記者もいますよ。今年も2月に首を痛め、最近も肘にサポーターを巻いていた」(スポーツライター)

 今や、海外記者からの注目度も増すばかりだが、メジャー制覇の夢こそつかみ取ってはいないものの、着実に実力を蓄えてきた。今季はすでに賞金総額が約6億6000万円で賞金王を狙えるポジションにつけている。レジェンド青木の言葉どおり、まさに“世界の松山”なのだ。

「彼に米国と日本の違いを聞くと、『米国は4日のうち、3日はハマらないと勝てないが、日本は1日ハマれば優勝できる』と話し、さらに『コースのレベルが違い、選手層の厚さが違う。集中を切らしてはダメ』と付け加えてくれた」(宮崎氏)

 全米オープンでは初日こそ出遅れるも、2日目「65」、最終日「66」と、2度のラウンドベストを記録。宮崎氏が続ける。

「松山の言葉を借りれば、やはり3日ハマらないとダメってことでしょうか(笑)。でも、今回の大会で自分のプレーの核を見つけた。ウエッジでのアプローチショットがすばらしかった。下半身が安定し、スピンコントロールも、転がしても、高さを出しても、簡単そうにしっかりと寄せていた。このウエッジは、契約先のダンロップの傘下企業と3年余りにわたって徹底的にこだわって作り上げたもの。これを軸に組み立てていけば、いい結果につながると思いますね」

 次のメジャー大会は7月20日からの全英オープン。全身全霊をゴルフに懸けた松山の一打は、いよいよ世界を制するかもしれない。その日が待ち遠しいばかりだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!