芸能

キャラ貫いた姿に感服!? 芸能界引退の嗣永桃子「アイドル人生」に称賛の声

 6月30日にラストライブ「ありがとう おとももち」を行い、約8000人のファンに見守られながら、芸能界を引退した嗣永桃子。

 小学校時代からスタートさせた15年間のアイドル人生をこの日で締めくくった嗣永だが、いつもの“ももち”らしさ全開の個性溢れるライブだったようだ。

「ライブ中盤には3年ぶりにかつてのトレードマークだったツインテール姿を披露。見納めとなる“ももち結び”姿にファンも歓喜したようです。また、ラストの去り際では、ファンからの愛を受け取る『アンテナ』であると位置づけていた右手小指をゆっくりとたたみながらステージを後にした」(アイドル誌ライター)

 ライブ後に更新した公式ブログでは別れを惜しむファンに対して「ももちは、ビジュアルもいいし 愛嬌あるし、運もあるので これからも大丈夫です!!!」と伝え、最後も「15年間の想いをこめて…『ありがとう おとももち』」と締めくくり、自身のキャラを貫いた。

「昨年10月に放送された『あるある議事堂』(テレビ朝日系)では、Berryz工房時代のチームメイト・夏焼雅が、嗣永のぶりっ子キャラは事務所のスタッフと作り上げたものと暴露していましたね。何でも、バラエティ担当のスタッフに激しく指導され、何度も泣いてたといい、何と『許してにゃん♪』も1番組3回というノルマまで決まっていたほど。番組で嗣永と共演する機会も多かった菊地亜美も、ラジオ番組で『ももちのマネージャーは死ぬほど怖い』と話していましたから、嗣永もよく15年もキャラを貫いたと思いますよ。それに嗣永自身は最後までキャラを演じているということを認めず、あくまで素の自分と話していましたし、そのプロ根性はアッパレですよ」(エンタメ誌ライター)

 今回の嗣永の芸能界引退にはアイドルファン以外からも「ももち、おつかれさん」「最初は嫌いだったけど、もう見れなくなると思うと寂しいな」「ももちのプロ根性とメンタルの強さは本当に憧れる」など、温かい言葉が寄せられている。

 あのキャラを貫き通した嗣永ならどこにいってもうまくやっていけるはず。第2の人生も頑張れ、ももち!

(田村元希)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!