スポーツ

中畑清が大放言!限定講演会で語った「球界への熱き本音」(1)由伸采配は高校野球の延長

 前DeNA監督の中畑清氏といえば、万年Bクラスだったチームの意識改革をする一方、絶不調の巨人の後任監督にもあがるなど、その発言に注目が集まっている。そんなやさき、参加者限定の講演会に中畑氏が登壇。由伸巨人の采配から東京五輪問題まで“大放言”を繰り広げたのだ。

「ジャイアンツは人気の上であぐらをかいている昔の体質がいまだに変わらない。(この巨人の姿勢が)野球離れにつながっている」

 と、約100名の聴衆を前に、まるで采配を振るがごとく熱弁したのは、前DeNA監督の中畑清氏(63)である。

 中畑氏といえば、言わずと知れた巨人の大物OB。かつては巨人軍の主軸選手として、原辰徳氏(58)らとともに、80年代の黄金期を支えてきただけに、その発言には、OBならではの叱咤激励が込められているのだ。

 6月29日、千葉県内のホテルで開催された、企業経営者らを対象としたトークショーに講師として招かれた中畑氏は上機嫌で、この日も「絶好調」だった。

 名前こそあげなかったものの、古巣の高橋由伸監督(42)にも容赦ない“口撃”を浴びせる。16年6月7日の西武戦で、「5番DH」で起用した阿部慎之助(38)に対してバントを命じた“事件”があった。その目論見は結果として成功したものの、「巨人の主砲がバントをした」ことに中畑氏は舌鋒鋭く迫った。

「4億、5億もらってる選手(阿部)に送りバントさせるか? そんな役にしてどうするんだ。バカじゃないか! この野球をやり続けるジャイアンツの姿があって、どんどんどんどん、ファン離れしていく部分が多分にあるんじゃないか! そんな野球で勝って、何で大称賛するんだよ? 高校野球の延長でしょ。ジャイアンツの野球の姿勢を何と心得ているのか。王道を行かなきゃいけない。何でそんなスモール野球をやらなきゃいけないのか」

 この熱弁に、客席からも思わず拍手が湧き起こったという。

「その後、今シーズンの巨人の13連敗を引き合いに、15年のDeNAの12連敗を語っていましたが、中畑さんは選手に『クビや負けの責任は俺が取るから。胸張ってプレーしてくれよ。その姿勢がファンの明日への応援につながる。いつか勝てる』と励ましていた、と明かしていました。敗戦の責任を選手に押しつける今の巨人とは大違いです。弱いからこそ、巨人の監督に就任してほしいと感じました」(会場にいた聴衆の一人)

 世間も認める大物OBの発言だけに、その意味も重いものがある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?