スポーツ

首位独走!広島東洋カープはこうして「神球団」になった

 後半戦がスタートしたプロ野球。セ・リーグは広島が昨年を上回るブッチギリぶりで、37年ぶりの連覇をほぼ手中に収めている。「黄金期到来」と囁かれる赤ヘル軍団だが、数年までは長きにわたる低迷期があった。

 ミスター赤ヘル・山本浩二、鉄人・衣笠祥雄、炎のストッパー・津田恒実…スターが続々誕生し、初優勝から日本一まで一気に常勝軍団へと変貌を遂げたのは、1975年~1991年のこと。

「ほぼ毎年Aクラスに定着したこの時代は、“第一次黄金期”でしたね。4年ぶり2度目のリーグ優勝に輝いた1979年、近鉄との日本シリーズで見せた『江夏の21球』は永久に語られる伝説です」(週刊誌記者)

 1992年~2012年は、主力流出に歯止めがきかず、15年Bクラスとなった「弱小暗黒時代」だった。

「毎年下位を低迷するチームが一番歓声を浴びたのが、マーティ・ブラウン監督の“ベース投げ”でした」(前出・週刊誌記者)

 そして、若手とベテランが融合した2013年~2017年は「第2次黄金期」の到来だろう。鈴木誠也、丸佳浩、菊池涼介らで形成される打線は12球団一の破壊力だ。

「昨年、25年ぶりに優勝を果たしましたが、投打のベテランとしてチームを支えた新井貴浩と黒田博樹が感極まって涙で抱き合ったシーンは感動的でした」(前出・週刊誌記者)

 7月24日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月3日号)では「広島東洋カープ 栄光の神歴史」と題して、グラビア4ページで赤ヘル軍団の汗と挫折と感動で彩られた67年の歴史を完全プレイバック。広島ファンだけでなく、野球ファンは必見だ!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史の“心ない発言”で若林正恭と破局した南沢奈央のファンが怒髪天!
4
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?