芸能

日テレ・水卜麻美「来春独立フリー」で日テレ大混乱!(2)後輩が水卜の不在を危惧

「明るい社風で知られる日テレですが、実は旬を過ぎた女子アナの扱いは冷たいとも言われています。豊田順子アナ(51)や、鈴江奈々アナ(37)ら報道番組で活躍を続けられるのは一握りで、30代後半にさしかかると徐々にレギュラーを失い、裏方に回るのが一般的。営業部や総務部などまったく畑違いの部署に異動となるケースも珍しくありません」(日テレ関係者)

 天性のセンスをウリに、バラエティを主戦場としてきた水卜アナが、5年後10年後も今の地位をキープできるかはまったくの未知数だ。

「同僚や後輩アナからの人望は厚くても、ビシビシと後進を鍛えられる性格ではありませんからね。水卜アナといえども、ずっとアナウンス部に残れる保証はない。そうした危機感は、本人がいちばんよく理解しているはずです」(前出・日テレ関係者)

 水卜アナが退社することで、ショックを受けるのは営業面に限らない。

「かつて日テレのアナウンサー室にイジメまがいの行為が横行していた時期があり、異動願を出すアナは多かった。皆、疑心暗鬼に陥って、気の許せる同期以外とは関わりを持たなかった。そんな中、同期がいない水卜は後輩と積極的に交流し、徳島えりか(28)らと“ミト会”を結成するなど親睦を深めていったんです。アナウンス室の雰囲気を変えた水卜がいなくなることで、過去の“暗黒時代”に逆戻りするのでは‥‥と危惧するアナは多いのでは」(在京アナウンサー)

 一方で、水卜アナの退社情報に尾ひれが付き、こんな噂も噴出した。それが今年8月26日に放送される「24時間テレビ」でのマラソンランナー起用説だ。

「例年なら5月か、遅くても6月初めにはランナーが発表されるのですが、今年は7月上旬になっても判明しませんでした。社内でも極秘事項となっていることから、『退社のみそぎとして水卜アナが走るのでは』と言われていたんです。というのも、もしランナーの大役を務め上げれば好感度の上昇は必至で、局は水卜アナが所属する事務所に貸しを作れますからね。水卜アナが今持っているレギュラーをフリーとして引き継ぐにあたって、『ランナーをやらせてあげたんだから』と、ギャラ交渉でも有利に運べる算段です」(前出・日テレ関係者)

 気になるのは水卜アナの所属先だが‥‥。

「女子アナは『帯番組を持ってくれれば安泰』というのは各大手プロの共通認識。一時は、宮根誠司(54)が所属する大手事務所・テイクオフの幹部が水卜アナに極秘接触し、獲得を狙っていたんです」(局プロデューサー)

 しかし、水卜アナといえば「ヒルナンデス!」で共演中の関ジャニ∞・横山裕(36)との熱愛が一部で報じられた。2年前の夏のことだが、

「テイクオフには、今年に入って横山との交際が伝えられた田中みな実(30)が所属しているので、移籍の実現は難しいでしょうね」(前出・局プロデューサー)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった