芸能

ASKA、上から目線で国防を語るも「イージス艦で“イージーミス”」の赤っ恥!

 謎の組織とのサイバー戦争はどこへやら、最近のASKAは政治やビジネスに夢中の様子で、ブログには何やらキナ臭い投稿が続いている。そんな中、7月27日の「想定内かな。」では国防について触れているが、赤っ恥モノのカン違いをしていると指摘されている。

 ASKAはブログで日本の自衛隊の戦力の高さと、自衛官の能力の優秀さを挙げ、他国はそれを恐れて戦争をしかけてはこないだろうと語っている。問題はその中で登場するイージス艦についての記述だ。ASKAは

「この『イージス艦』とは『イージーシステム』のこと」と堂々とつづっているのだ。

「イージス艦とは、『イージスシステム』を搭載した艦艇のこと。ちなみに『イージス』はギリシャ神話でアテナが持っている『邪悪を振り払う盾』を意味します。つまり国を敵から守る盾ということですね。おそらくASKAさんは『イージー(easy)、容易な、やさしい』とカン違いしているのでしょう」(軍事ジャーナリスト)

 ささいなミスだが、上から目線で偉そうに語った文の中だけに恥ずかしさは際立つ。さらにASKAは

「現在、世界において『イージス艦』を持っているのは、アメリカと日本だけではないでしょうか?確か、ヨーロッパなどにはないはずです」

 とも書いている。こちらはブログの読者から指摘を受けたようで、スペインとノルウェーにも「ミニイージス」と呼ばれる別物があると訂正した。

「ブログのコメント欄を読むと、ASKAの意見を信じ切っている人も少なくない。影響力のある立場なんですから適当なことを書くのはやめてほしいものです。このままだといつか炎上してしまいますよ」(週刊誌記者)

 まさか、上西小百合議員や松居一代よろしく「炎上商法」をやろうとしているとは思えないが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!