スポーツ

夏の甲子園で一度も決勝戦に進出したことがない8つの県とは?【1】

 先のコラムで夏の甲子園で優勝経験のある都道府県や準優勝止まりの都道府県について書いたが、この2つを合わせると39都道府県。あと8つの県が、決勝にいまだ進めずにいる。とはいえ、この8県のうち7県にはベスト4進出経験があるのだ。

 その7県のうちの1県が岩手県だ。盛岡中(現・盛岡一)と花巻東が2度ずつの計4回。直近では13年95回大会での花巻東だ。続いて山形県。95年第77回大会で日大山形が県勢初のベスト4進出という快挙を成し遂げた。3県めは山梨県。直近の12年第94回大会を含む計3回。そのすべてが東海大甲府である。4県めは福井県。69年第51回大会での若狭、95年第77回大会での敦賀気比、翌96年第78回大会での福井商、そして直近に当たる14年第96回大会での敦賀気比と計4回。この時の敦賀気比は大阪桐蔭相手に初回いきなり5点を先制して主導権を握ったかに思えたが、2回裏までで5‐5の同点に追いつかれ、4回裏に一挙、5失点。これが大きく響き9‐15で敗退。惜しくも県勢初の夏の甲子園の決勝戦進出を逃すことになってしまった。5県めは島根県である。1917年第3回大会の杵築中(現・大社)、23年第9回大会の松江中(現・松江北)と戦前に2回。その後はベスト8には4回進出経験があるものの、準々決勝の壁にことごとく跳ね返され続けていた。だが、03年第85回大会で江の川(現・石見智翠館)が聖望学園(埼玉)に2‐1で勝利し、ついにその壁を突破。実に県勢80年ぶりのベスト4進出をみごとに果たしたのだった。そして6県めが長崎県である。52年第34回大会の長崎商、76年第58回大会の海星、そして07年の長崎日大と計3回。中でも76年の海星は“怪物サッシー”と呼ばれたエース・酒井圭一(元・ヤクルト)を擁して優勝候補の一角に数えられたが、関西の強豪・PL学園(大阪)の前に延長戦の末2‐3で惜敗。あと一歩のところで決勝戦進出を逃したのだ。

 そして最後の7県めである。実はこの1県とさらに残った1県、つまり夏の甲子園史上、一度もベスト4経験がない県は、意外なつながりがある。その関係については次回、詳しく触れたい。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
3
森香澄、エース狙いの肌見せ率とVライン/女子アナバスト勢力図(2)テレ東
4
工藤静香 ネットに手料理写真でアンチの怒り爆発
5
石原さとみ、「お団子ヘア」が発端で浮上した「脱毛に関する疑惑」