芸能

松居一代、夫・船越への「攻撃休止」にNHK局員がガッカリしていた!?

 今年6月末から、ブログやユーチューブを巧みに使って、夫である船越英一郎への批判を繰り広げてきた松居一代。人気芸能人としては前例のない彼女の行為に、世間は騒然。反響はネットのみならず、一時はワイドショーの話題を独占していた。

 そんな松居だが、7月後半からツイッターとユーチューブの更新をストップ。これまで“主戦場”だったブログでも、船越への攻撃は影を潜め、ボランティア活動のレポートなど極めて常識的な内容となっている。

 いったい、松居にどのような心境の変化があったのだろうか?

「7月20日に発売された『週刊新潮』の記事『告白6時間! 渦中の「松居一代」独占手記』で思う存分ぶちまけたことにより、船越さんへの怒りはいったん収まったと言われていますね」と語るのは芸能記者。

「それまでは船越さんが帯番組の『ごごナマ』に出演しているという理由でNHKへの“攻撃扇動”までブログで行っていたのに随分な変わりようです。きっとNHKの人もホッとしているんじゃないでしょうか」

 実際、NHKの局員に聞いてみると意外な答えが。

「局内では松居さんの攻撃が止まって『惜しい』という意見も結構ありますよ。『ごごナマ』のスタッフいわく『タダで宣伝してくれているも同然で、実は、ありがたい側面もあった』とのことです」

 突如、攻撃の手を休めた松居。怒りが収まったのか、嵐の前の静けさなのか──。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」