スポーツ

甲子園「決着つくまで延長」ルールを激変させた後のプロ野球出身タレント

 板東英二といえば、年配の方はかつてプロ野球・中日ドラゴンズの投手として活躍した人というイメージがあるだろう。逆に50代から下の世代はバラエティタレントのイメージが強いのではないだろうか。

 現在の高校野球は延長15回終了時点で両チーム同点だった場合、選手の健康を考慮して引き分け再試合となるが、以前は延長18回での引き分け再試合という規定だった。58年の第40回大会以前のことだった。それまでは決着がつくまで延々と試合が続けられて、26年第12回大会準々決勝での静岡中(現・静岡)6‐5前橋中(現・前橋=群馬)の延長19回や33年第19回大会準決勝での中京商(現・中京大中京=愛知)1‐0明石中(現・明石=兵庫)の夏の甲子園史上最長イニングとなる延長25回の死闘の記録などがある。

 この延長18回引き分け再試合という規定が作られる発端は、58年の春の四国大会でのことだった。当時、超高校級といわれたエース・板東英二を擁した徳島商は1回戦で高知商と対戦。試合は2‐1で徳島商がサヨナラ勝ちを収めたのだが、延長16回を完投。さらに翌日の決勝戦では高松商(香川)と対戦したのだが、何と延長25回を戦うハメに。結果、25回表に2点を奪われ0‐2で惜敗。

 この時、板東は2日間で41イニングを1人で投げており、全国紙でもこの活躍は報じられ、全国の高校野球ファンからも一躍注目されるように。しかし、この板東を筆頭に選手に疲労が見られたことで高野連は事態を重く見て、延長戦に関するルールを急きょ変更することとなったのである。

 こうして延長18回が終わっても同点の場合は後日再試合が行われることとなったのだが、何と甲子園でこのルールの適用第1号となったのが当の板東だった。

 58年の第40回大会準々決勝で徳島商は魚津(富山)と対戦。板東の快速球に魚津打線は手も足も出ない状態だったが、一方の徳島商打線も魚津のエース・村椿輝雄にかわされ得点への突破口が開けない。結局、0‐0のまま突入した延長戦でもどちらのチームも得点を挙げることができず18回を終えた。こうして“延長18回で引き分け”という規定ができたその年に再試合が行われることとなったのである。翌日に行われた再試合で魚津の村椿は先発を回避しリリーフ登板に回ったが、徳島商はそのまま板東が連投。疲れを知らない鉄腕・板東は1失点で完投し、3‐1でようやく勝利をもぎ取ったのだった。

 この後、徳島商は決勝戦に進出したが、さすがの板東も疲労のピークを迎えていたのか柳井(山口)に打ち込まれて0‐7の完敗。徳島商としても徳島県勢としても夏の甲子園初優勝を逃してしまっている。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり