芸能

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<TVドラマの「放送コード超え」十篇>

 規制の厳しいテレビの世界にも、かつては「衝撃のドラマ」が存在した。その輝かしい歴史から、十篇を厳選する。

 傑作ホームドラマ「寺内貫太郎一家2」(75年、TBS系)で、壮絶なシーンを演じたのは池波志乃(62)だ。白桃のような胸が男たちによって蹂躙されるというショッキングな映像だった。

 しかも、その一派が寺内家の長男(谷隼人)で、被害者である池波と結婚するというストーリー展開が、従来のホームドラマとは一線を画していた。

 70年代から80年代にかけ、濡れ場を前面に打ち出したのが「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)の「美女シリーズ」である。明智小五郎(天知茂)を取り巻く美女たちの“艶技”は必見であったが、

叶和貴子(61)がまさかの入浴ヌードを見せた『天国と地獄の美女』(82年)や、高田美和(70)と鰐淵晴子(72)が豪華共演を飾った『天使と悪魔の美女』(83年)は特に傑作。特に高田が浴室で若い青年とセックスにふける描写は、ロマンポルノの『軽井沢夫人』以上のエロスを感じさせました」(ドラマライター)

 隠れた名作と呼べるのは、若村麻由美(50)が出演した「飢餓海峡」(88年、フジテレビ系)だ。往年の名作映画をリメイクし、物語のカギを握る娼婦の杉戸八重役で、仲代達矢との濡れ場を演じた。若村は仲代が主宰する「無名塾」の出身であり、師弟のカラミを演じたことになる。

「隠れた名作といえば、中森明菜(52)が主演した『悪女2 サンテミリオン殺人事件』(93年、フジ系)も、保阪尚希を相手に、かなり濃厚な濡れ場を演じた。シーツにくるまれてはいたが、明菜は上半身ヌードで撮影に臨んだという逸話が残っています」(放送記者)

 お宝シーンの金字塔となったのが、常盤貴子(45)をブレイクさせた「悪魔のKISS」(93年、フジ系)であろう。カード地獄から風俗嬢となる女子大生役を演じ、初めて客を取るシーンで豊満な乳房があらわに。そのためか同作品は今なお、一切のソフト化が実現していない。

 常盤と同じく、大胆な役を演じて女優として認められたのが桜井幸子(43)の「高校教師」(93年、TBS系)である。実の父親(峰岸徹)との近親相姦という描写は、あの観月ありさが恐れをなして逃げ出したための「代役」であった。

 さて「平成の土ワイ」とも呼ぶべき濡れ場満載なのが「特命係長只野仁」(テレ朝系)のシリーズ。毎回、豪華なゲスト女優が只野仁(高橋克典)との濡れ場をこなしたが──、

小柳ルミ子(65)が女弁護士役で出演したスペシャル第1弾(04年)は、芸能界屈指の妖艶なアエぎぶりを見せつけました。腰つきも顔の表情も全てがエロスの化身だった」(映画ライター)

 最後は、20世紀最後の過激ドラマとも言われる「失楽園」(97年、日本テレビ系)で熱演した川島なお美(享年54)をおいて語れまい。みずから志願して出演しただけに、古谷一行との濡れ場でフルヌードを見せたのはもちろん、騎乗位で腰を振るなど、地上波の限界を軽くオーバー。

 クライマックスの心中シーンに向かう際に監督に言い放った「前張りはつけません!」は、永遠に刻まれる名言だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由
5
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱