社会

「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(1) なぜ「発禁」にされたのか?

 福島第一原発事故を巡り、多くの著作が刊行されている。そんな中、ある本が「発禁」扱いとなった。事故の直接的、間接的を問わず遠因を作り出した“原子力ムラ”の26人の人々を「超A級戦犯」として断罪したためだ。簡単には読むことができない「発禁本」の監修者があらためて戦慄の内容を公開する!

 原発事故後の福島を訪れ、放射能の影響を恐れながら、息を詰めるように暮らしている人々と接した。ライターとして自分に何かできることはないか? ずっと考えていた━━。

 そして、多くのライター仲間やスタッフの力を得て、自分が監修者として作り上げたのが「タブーなき原発事故調書 超A級戦犯完全リスト」(鹿砦社刊)という一冊である。

 東電幹部、御用学者、政治家、労働組合幹部など、事故に責任ある者たちの所業を、あらゆる資料を駆使し取材を重ね、克明に記した。「フクシマ」を反省せずに、大飯原発を再稼働させた、民主党政権の政治家たちもそこに加えた。

 それぞれの人物の自宅住所も、地図入りで入れた。彼らは皆、責任のある“公人”であると考えたからだ。市民の誰もが、彼らの家を訪ねて、直接問いただすことができるように考えてのことである。

 ところが、「個人情報が掲載されている」と、取次各社から新刊委託配本を拒否されてしまった。出版された本は、取次各社を通して書店に配本される。これを拒否されるということは、書店には並ばないということと同義だ。注文をして、同書を並べている書店もあるが、きわめて数少ないのが現状だ。ネット通販か、出版社に直接注文する以外に入手はできない。いわば、「発禁本」となってしまっているのだ。

 しかし、同書の本来の目的は「個人情報」をさらすことなどではない。原発事故の糾弾以前に、原因を作り出した“ムラ”の実情を暴くこと、そして彼らが事故後も反省なき日々を送っていることを明らかにすることであった。

 同書では、「超A級戦犯」としたうちの何人かへの直撃取材に成功している。その模様とともに、この誌面を借りて、同書の内容を記す。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声