芸能

木村拓哉がニンマリ?山下智久「コード・ブルー」の視聴率がジワジワ降下!

 山下智久が主演する月9ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」(フジテレビ系)が8月28日の第7話で視聴率13.4%をマーク。4週連続の13%台という安定した数字を残した。だが、そんな好調ぶりを見せる「コード・ブルー」にも、不安要素があるという。テレビ誌ライターがささやく。

「順調に見える『コード・ブルー』ですが、実は初回放送から一貫して視聴率が下がり続けているのです。そのため平均視聴率は14.53%に下落。1月期に木村拓哉が主演した『A LIFE ~愛しき人~』(TBS系)の平均14.55%をわずかに下回る結果となりました。木村にしてみればジャニーズで最も視聴率を持っているのは自分だという自負があるでしょうから、この結果にはニンマリかもしれません」

 その「A LIFE」では第4話が12.3%まで下げる危機もあったが、その後は数字を回復。最終回にはシリーズ最高となる16.0%をマークしていた。それに対して「コード・ブルー」が数字を下げ続けているのはなぜか。その理由はやはり主役の差にあるというのだ。

「木村が役者として山下を上回っているということではなく、『A LIFE』では木村を主役に据えた構図にブレがなかったのです。どんなドラマでも軸が定まると物語が頭に入りやすく、多くの視聴者に受けいれられやすくなるもの。しかし『コード・ブルー』ではダブルヒロインを務める新垣結衣と戸田恵梨香の存在感が強すぎますし、群像劇の印象が強い。同様の批判は『A LIFE』にもありましたが、やはりキムタクのオレ様ぶりは山下を上回っていますね」(前出・テレビ誌ライター)

 確かに「コード・ブルー」では“山Pのドラマ”という印象は決して強くない。ここは山下にももっとオレ様ぶりを発揮させたほうがいいのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”