芸能

真木よう子「泥酔でドラマ撮影ドタキャン」報道に世間から総ツッコミ!

 もはや、ツイッターをやっていたこと自体が黒歴史?

 9月7日、真木よう子主演のドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の第9話が放送され、当初よりも1話分短く「打ち切り」の形で最終回を迎えた。

 真木といえば、同ドラマのスタート前からツイッターをスタートさせ、ドラマの視聴を土下座でお願いする動画を公開したりと、パンチが効いた投稿が多く、話題を集めていたが、それも今となってはただただ虚しいばかり。

「『セシルの──』の初回視聴率が2桁を記録したら、共演の金子ノブアキが脱ぐことを予告していたが、初回から5.1%と数字は振るわず。結局、低空飛行を貫き、全話の平均視聴率は4.4%でフィニッシュ。おまけに『コミケ騒動』で炎上し、ドラマの宣伝目的で始めたと見られるツイッターも8月29日にアカウントを削除。ドラマが最終回を迎える前にそそくさと撤退した形だ」(エンタメ誌ライター)

 また、9月5日発売の「女性自身」には、真木についての続報も報じられた。

「女性自身では、ツイッターを削除した日には『セシルの──』の撮影も予定されていたのに、真木がドタキャン。理由は体調不良ということになっていましたが、どうやらお酒の飲み過ぎが原因で、とても撮影できるような状況ではなかったということです。でも、真木は、ツイッターでは、ボクシングの写真を引用して『何発打たれてもどんな重いのをくらっても、何度でも血を流しながらも立ち上がり、立ち向かっていく。その姿勢は格好いいです。例え負けても格好いいんです。私はそうゆう人間になりたい』なんてツイートもしていた。だから、お酒に逃げたくなる気持ちもわかるが、何とか最後まで立ち向かって欲しかったところですよ」(前出・エンタメ誌ライター)

 ネット上では「一連のツイートがもはやネタに思えてくる」「意思が固い人だと思ってただけに残念」「カッコいいことばっかり言っといて、結局、逃げてるじゃねえかよ」といったドぎついコメントが多数見られている。

 完璧にノックアウトされた形の真木。一度ゆっくりと休養をとって、何とか立ち上がり、次回作のリベンジに期待したいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
50歳を過ぎて第2全盛期に突入!武豊、「6億円和解」の舞台裏が明かされたッ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
周囲は知っていた?東出昌大、唐田えりかの腰に回した手の“ヤバすぎる”位置!
4
東出×唐田の不貞騒動で、乃木坂人気メンバーの名前が取りざたされるワケ
5
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!