女子アナ

フジ山崎夕貴、おばたのおにいさんと女遊び騒動後初共演で好感度が急上昇

 やっぱり、肝が据わってる!? まさかの共演に視聴者からは驚きの声が上がっている。

 9月8日放送のモノマネ特番「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」(フジテレビ系)で、同局の山崎夕貴アナが交際中のお笑い芸人・おばたのおにいさんと共演を果たしている。

 おばたは「ものまね大好きさん」のコーナーで登場。自身をここまで押し上げた小栗旬の新作モノマネで、“小栗主演の映画「銀魂」でNGを出して笑いでごまかす小栗”というネタを披露した。

 そのモノマネを番組司会の山崎アナはステージ脇で見つめていたのだが、そのプレッシャーからか、おばたはネタの途中でネタをど忘れしてフリーズ。ネタの仕切り直しを求めるというまさかのアクシデントが発生。

 仕切り直しのネタを終えた後も、2人の共演は、おばたのオンナ遊び報道以降、初めてなこともあり、他の出演者から「今どんな気持ちなん?」「おかしないか?」といったイジリが飛んでいた。

 しかし、この2人のやりとりを見て、視聴者からは「山崎アナの株が上がった」という声がチラホラ聞こえてきている。

「もともと山崎アナは『爆笑そっくり──』の司会を担当していましたし、おばたはモノマネ芸で食べている芸人ですから、共演が実現すること自体は珍しくはありません。それでも、共に司会を務める東野幸治も『どっちも断れや』と、ツッコんでいたように、同様のケースに他の女子アナが置かれた場合、共演NGを申し出てもおかしくないところ。それをいくら仕事とはいえ、嫌がる素振りを一切見せずに笑顔で共演を終え、彼のネタを温かく見届けてあげられるのですから、相当器が大きい女性だと思います。おばたのネタが飛んだ時にはすごく心配そうな表情をしていましたし、自分が気まずいうんぬんよりもまだ一発屋にもなり切れていない若手芸人であるおばたが活躍できるか心配という気持ちの方が勝っていた感じがしますね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からも「普通の女子アナだったら、耐えられない現場だろうな」「山崎アナ、肝が据わってるな」「おばたは嫌いだけど、山崎アナは応援したい」といった声が上がっている。

 時が経つのは早いもので、今年も残り3カ月余り。毎年12月にORICON STYLEが発表する「好きな女性アナウンサーランキング」の15年版では4位にランクインするも、昨年は圏外となっていた山崎アナだが、おばたを巡る騒動を経て、好感度が上がった今年はランクインできるのかにも期待したい。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?