スポーツ

白鵬が極秘に「設立」していた「芸能プロ」の実態(3)YOSHIKIとの“接点”

 それにしても横綱と人気放送作家の異色タッグ結成の裏には、思わぬ人気アーティストの存在も見え隠れする。芸能プロ幹部が明かす。

「ロックバンド『X JAPAN』のYOSHIKI(51)が白鵬をバックアップしているんです。そのYOSHIKIが10年ほど前から宮城野部屋にお忍びで顔を出すほど白鵬と親密な関係だった。一方、鈴木にとってYOSHIKIは高校の大先輩であり、学生時代から放送作家を目指すうえで、『背中を押された』とリスペクトする関係です。であれば、白鵬から『白鵬杯』の総合プロデューサーを打診されてすぐに受諾したのもうなずけました。さらにYOSHIKIの弟で元俳優の林光樹さん(47)の存在も大きく、今は兄の国内マネージメントを担当しているようですが、俳優時代は芸能界で影響力を持つ大手事務所の所属でしたから芸能界にも顔が利くんです」

 YOSHIKIの存在もあってか、白鵬と鈴木氏のコンビに対する業界の注目は高まるばかりだ。

「08年に鈴木氏の母校が20世紀枠で甲子園に出場した時、YOSHIKIが2000万円のカンパを出したのに対し、鈴木氏は10万円だった。『金額は明かしちゃいけない』なんて自虐ネタにするぐらい、目の前の視聴率や金銭にシビアなタイプでしたが、ここ数年でガラッと変わりました。興味の薄かったスポーツや飲食店経営などでも類いまれな企画力を発揮しています。白鵬にとって心強いパートナーであり、次の仕掛けが見ものです」(広告代理店関係者)

 こうした大物アーティストを巻き込んだ蜜月関係は、角界にも波紋を呼んでいる。前出・芸能プロ幹部によれば、

「実は9月1日の夜、白鵬は夫人同伴でYOSHIKIのディナーショーに姿を現したんです。大ファンの夫人がオークションで、YOSHIKIが着ていたヒョウ柄の皮のコートを275万円で落札し話題になったが、その日は横審総見の日で、外国人や障害者を招き、20年東京五輪の機運を高めるためのビヨンド場所の打ち合わせも行われた。白鵬は土俵に上がることはなかったが、熱心に打ち合わせしていたそうです。何としてでも20年の東京五輪までは横綱でいたいとの思いや大相撲の人気の復活、大相撲ビジネスを模索している表れでしょう」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え