社会

蜂の子を食べて“毛”を増やそう!ただし一つだけクリアすべき問題が…

 今が最も活動的なスズメバチの被害が各地で報告されている。年間20人前後が刺され死亡しているのだが、何とこの「蜂」が薄毛にすごい効果があるという。

 蜂、特に蜂の子の健康効果は以前から知られている。蜂の子とは文字通りミツバチ、スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の幼虫やサナギのこと。中国最古の薬物学書といわれる「神農本草経」には「蜂子(ほうし=蜂の子)」は最高ランクの「上品」に位置づけられており、〈無毒で(副作用もなく)、長期間の服用によって皮膚に光沢が出て、顔色がよくなり、弱っている内臓を丈夫にし、年齢を重ねても老衰しなくなる〉とあり、蜂子を食することを奨めている。

 またわが国で1919年に行われた昆虫食に関する大規模な調査では、主にスズメバチの幼虫が全国的に食用とされている実態が明らかになっている。そして現在でも長野、岐阜、愛知の各県を中心に、伝統的な郷土料理として食されている。

 この蜂の子に何と発毛、育毛効果もあったというのだ。そのすごい効果が健康雑誌で特集が組まれたこともあった。蜂の子食ではないが、蜂と薄毛の関係について、約30年前に発行された「蜂針健康法」(日本養蜂新聞社)の中では、蜂針療法により円形脱毛症が治癒した症例が多く紹介されている。この蜂がもたらす作用についてヘアーコンサルタントの松本澄子氏がこう言う。

「髪を作っている毛母細胞の栄養が少なくなると髪は抜け落ちます。髪の主な成分はタンパク質。髪を強く、太くするには、毛母細胞にタンパク質が行き届くようにしなければなりません。そのためにはタンパク質を作るためのアミノ酸をとることが必要なんです」

 そして医食研究家の萩原智恵子氏がこう付け加える。

「発毛・育毛のためアミノ酸をとる方法として最適な食材が蜂の子です。昔から、“蜂の子に勝る美容、滋養食なし”と言い伝えられてきた。細胞を活性化させ、代謝を良くするので若さのパワーの源になります。育毛・発毛の効果は高い」

 蜂の子に含まれている栄養素を成分表でみてみると、

人間の体では合成できない必須アミノ酸のすべてを含んでいるうえに、さまざまな栄養素を豊富に含んでいる。最強の“健康”“発毛”食品とも言えそうだ。

 缶詰、瓶詰、さらにはスズメバチを漬け込んだ“蜂酒”も市販されておりネットで簡単に入手できる。が、ただ一つ問題がある。食べてみると美味で病みつきになる人は多いのだが、原形のまま食するのだ。現代人の多くは昆虫を食べることに抵抗感がある。 ここはひとつ、薄毛解消のためと思ってトライしてみる!?

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論