社会

蜂の子を食べて“毛”を増やそう!ただし一つだけクリアすべき問題が…

 今が最も活動的なスズメバチの被害が各地で報告されている。年間20人前後が刺され死亡しているのだが、何とこの「蜂」が薄毛にすごい効果があるという。

 蜂、特に蜂の子の健康効果は以前から知られている。蜂の子とは文字通りミツバチ、スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の幼虫やサナギのこと。中国最古の薬物学書といわれる「神農本草経」には「蜂子(ほうし=蜂の子)」は最高ランクの「上品」に位置づけられており、〈無毒で(副作用もなく)、長期間の服用によって皮膚に光沢が出て、顔色がよくなり、弱っている内臓を丈夫にし、年齢を重ねても老衰しなくなる〉とあり、蜂子を食することを奨めている。

 またわが国で1919年に行われた昆虫食に関する大規模な調査では、主にスズメバチの幼虫が全国的に食用とされている実態が明らかになっている。そして現在でも長野、岐阜、愛知の各県を中心に、伝統的な郷土料理として食されている。

 この蜂の子に何と発毛、育毛効果もあったというのだ。そのすごい効果が健康雑誌で特集が組まれたこともあった。蜂の子食ではないが、蜂と薄毛の関係について、約30年前に発行された「蜂針健康法」(日本養蜂新聞社)の中では、蜂針療法により円形脱毛症が治癒した症例が多く紹介されている。この蜂がもたらす作用についてヘアーコンサルタントの松本澄子氏がこう言う。

「髪を作っている毛母細胞の栄養が少なくなると髪は抜け落ちます。髪の主な成分はタンパク質。髪を強く、太くするには、毛母細胞にタンパク質が行き届くようにしなければなりません。そのためにはタンパク質を作るためのアミノ酸をとることが必要なんです」

 そして医食研究家の萩原智恵子氏がこう付け加える。

「発毛・育毛のためアミノ酸をとる方法として最適な食材が蜂の子です。昔から、“蜂の子に勝る美容、滋養食なし”と言い伝えられてきた。細胞を活性化させ、代謝を良くするので若さのパワーの源になります。育毛・発毛の効果は高い」

 蜂の子に含まれている栄養素を成分表でみてみると、

人間の体では合成できない必須アミノ酸のすべてを含んでいるうえに、さまざまな栄養素を豊富に含んでいる。最強の“健康”“発毛”食品とも言えそうだ。

 缶詰、瓶詰、さらにはスズメバチを漬け込んだ“蜂酒”も市販されておりネットで簡単に入手できる。が、ただ一つ問題がある。食べてみると美味で病みつきになる人は多いのだが、原形のまま食するのだ。現代人の多くは昆虫を食べることに抵抗感がある。 ここはひとつ、薄毛解消のためと思ってトライしてみる!?

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ