政治

天才テリー伊藤対談「上西小百合」(2)アサ芸で橋下さんと誌面対決しなよ

テリー 上西さん、今34歳なんでしょう。まだまだ若いな。

上西 そうなんです。若いのに、いろいろな試練に耐えているんですよ。

テリー 見かけはもっと貫禄あるよね。おばさんっぽさも入ってきてるような。

上西 それ、ちょっと自覚もあるんですが(苦笑)。

テリー そういう部分も含めて、上西さんには、いわゆる普通の議員とは違うパワーを感じるんだ。だって、騒動が起こっても絶対に負けないもの。

上西 フフフ、何か言われたら、逆に前に出ていきますからね。今はどんな政治家でも、何かあったら、「体調が悪い」とか言って、すぐ隠れちゃうじゃないですか。ああいう態度は、どうかなと思いますから。

テリー それは、一つの才能だね。

上西 本当ですか?

テリー 例えば、浦和の騒動なんか、普通だったら布団かぶって、寝てごまかすよな。

上西 そうですね。でも、そういう知名度があるっていうことは、政治の世界では悪いことではないですから。むしろ知名度がなければ、議会で質問もさせてもらえないんですし、記事にもしてもらえませんしね。そこはメリットとして考えています。

テリー たくましいね。そもそも、上西さんはどうして政治家を目指したの?

上西 私、最初は会社員だったんですけれど、自分の給料明細を見たら、いろいろ細かく控除なんかがあるじゃないですか。「こんなに引かれてるのに、私たち、年金もらえないの?」って思った時、まず怒りがフツフツと湧いてきたんです。

テリー なるほど、それは大衆の正しい感情だよね。

上西 その頃、ちょうど「大阪維新の会」が熱狂的なブームを起こしていたんですよ。そのニュースを見て、「もしかして、この人たちは何かを変えられるのかも」と意識していたら、維新政治塾が開講されるという話が出てきて。当時は議員がどんな仕事をしているかさえ知らなかったので、「1回入ってみて、ちょっと勉強してみようかな」みたいな、気軽な感じで入ってみたんです。

テリー そのあと、すぐ公認候補になるよね。

上西 「上西さん、面接で公認出すよ」という話をいただいたので、「私を必要としてくれるんだったら、立候補しよう」と。

テリー スゴいね。あの時大ブームだったから、受講者なんて何千人といたでしょう。

上西 3500人ですね。結果的に、地縁血縁などのしがらみがなく、純粋に立候補できたのは2人だけだったんです。

テリー 何で上西さんが選ばれたんだろう。やっぱり美人だったから?

上西 そうそう、なんてことはさておいて(笑)、簡単に言えば、存在が目立っていたんだと思います。維新を世間にアピールする、強烈なアイコンが必要だったんでしょうね。

テリー でも、今はこんな感じになっちゃって。橋下(徹)さんもがっかりしているだろうね(笑)。

上西 橋下さんとは、一度キチンと話をしたいんですよ。そろそろ私の前に出てきてくれないかな。

テリー お、いいね。ぜひアサ芸の誌面でやりなよ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”