スポーツ

日本競馬の悲願!サトノダイヤモンドが「凱旋門賞」を制覇する!(1)推す材料とは?

 日本のホースマンの悲願である凱旋門賞制覇。今年は10月1日、仏のシャンティイ競馬場で行われる。16年に菊花賞&有馬記念を制したサトノダイヤモンドが僚馬サトノノブレスとともに欧州最高峰の頂に挑戦。前哨戦の惨敗で現地の人気は急落するも、陣営の意気込みからは巻き返し必至だ。

 69年のスピードシンボリの初挑戦から48年、延べ20頭の日本馬がはね返され続けてきた仏GI凱旋門賞。ただ、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルが2着惜敗しているように、日本馬のレベルはすでに世界トップ基準。今年もGI2勝馬サトノダイヤモンドに熱い期待が寄せられている。

 海外競馬取材の経験が豊富なスポーツ報知の牧野博光デスクが話す。

「誰もが前走のフォワ賞(9月10日・GII)での4着敗退に不安を抱いたと思いますが、初めての競馬場で重馬場だったことを考えれば、悲観することはありません。シャンティイ競馬場はざっくりと言うと、3角から下って上るコース形態です。直線(約600メートル)の残り200メートルぐらいまで上り続けるだけに、あの重馬場は跳びのキレイなサトノダイヤモンドにはこたえた。昨年の凱旋門賞より12秒以上も遅いタイムでしたし、良馬場であれば、一発の期待は十分あります」

 レース後、ルメール騎手も「ここの馬場は、いい時と悪い時が極端」と話していたが、シャンティイはルイ13世が避暑地としても過ごしていた地。カラッとした気候だけに、本番では馬場が「いい状態」に一変することも考えられるのだ。

 さらに、サトノダイヤモンド推しの材料はある。

 前出・牧野氏が続ける。

「レース中に他馬と左後肢を接触するアクシデントがありましたが、軽症で1週前追い切りも坂路と馬場で順調にこなした。陣営からも『ダメージもなくいい状態』とのことでした」

 また、凱旋門賞といえば「3歳馬有利」が定説。これは3歳馬と古馬の斤量差が大きいからなのだが、今年は欧州全般で斤量の見直しが行われ、3歳牡馬56.5キロ、4歳以上牡馬59.5キロ(牝馬はともにマイナス1.5キロ)と、昨年よりも3歳馬が0.5キロの負担増となった。斤量の差が縮まったことで、過去、凱旋門賞に出走した日本馬よりも好材料を得たサトノダイヤモンド。日本競馬の悲願達成も夢ではない!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”