スポーツ

日本競馬の悲願!サトノダイヤモンドが「凱旋門賞」を制覇する!(2)着差20馬身で圧倒的な支持

 とはいえ、大手ブックメーカーによるサトノダイヤモンドの評価は、フォワ賞の4着で単勝6倍から17倍に大きく後退。その中で圧倒的な支持を得ているのが3歳牝馬のエネイブルだ。

 東京スポーツでコラム「海外競馬解析」を執筆する秋山響氏が、今年の展望について解説する。

「エネイブルが中心でしょう。ここまでGIを4連勝中で、その合計着差は20馬身にも及ぶ。レースセンスが高く、先行力があり、馬場のよしあしも問いません。さらに、凱旋門賞史上最多4度を誇るデットーリが騎乗する点も強みですね。愛オークス(7月15日)から中1週でキングジョージVI世&クイーンエリザベスS、そこから中3週でヨークシャーオークスと進んだところの疲れが少し心配ですが、それ以外はこれといった死角がない。軸としては最適です」

 専門紙流に言えば「軸不動の相手探し」となるが、その相手が難解だ。秋山氏からは、良馬場条件で次の2頭の名前があがった。

「昨年の2着馬ハイランドリールは、3歳から3年連続でGI2勝。今年のドバイシーマクラシックやキングジョージVI世──では、いいところがありませんでしたが、敗因は渋った馬場。良馬場でこその馬です」

 この馬は昨年1~3着を独占したオブライエン厩舎で、同厩舎は今年すでにGIを18勝している。

「もう1頭はユリシーズ。今年に入って本格化してGIを2勝。キングジョージVI世──では、エネイブルに4馬身半差をつけられましたが、これは道悪(稍重表記も、実際は重馬場に近い)でのものでした。課題は距離延長でしょう」

 重馬場になれば、フォワ賞を制したチンギスシークレットと、昨年の3着オーダーオブセントジョージは要注意だと秋山氏は続ける。

「前者は芝2400メートルの重賞を3連勝。良馬場は未知数ですが、馬場が渋れば買いたい。今年5戦して唯一の敗戦は苦手の左回りでのものでした(シャンティイは右回り)。後者は前走のGI愛セントレジャーを9馬身差で圧勝。本質的には2400メートルより、もう少し距離があったほうがベターですが、昨年の走りから十分に守備範囲です」

 一方、前出・牧野氏は、凱旋門賞を含む7戦無敗の名牝ザルカヴァの仔、ザラックをダークホースとして推奨する。

「仏ダービーは2着でしたが、GI初制覇を飾った今年のサンクルー大賞の追い込みは、実に鮮やかでした」

 そのザラックをガネー賞で退けたクロスオブスターズを秋山氏は警戒するが、

「休養後、約4カ月ぶりのレースとなったフォワ賞は、いかにもトライアル的な走りで2着でした。フォワ賞組は92年のスーボティカ以降、勝ちはありませんが、同馬を管理していたのが凱旋門賞史上最多7勝を誇るA・ファーブル調教師。スーボティカもフォワ賞2着からの巻き返しでしたし、型どおり上向けば一発もあります」

 他にもオブライエン厩舎の隠し玉と言われるウインターや、欧州3歳牡馬ナンバーワンの呼び声高いクラックスマンなど、今年の凱旋門賞もまた、見どころ十分の戦いになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”