社会

「くしゃみを受けた手を揉んで平然とつり革に」…電車内の怒髪天シーン!

 毎日、多くの勤め人が往来する駅はさながら人間交差点。様々なエゴがぶつかり合う場所でもある。

 そんな駅、あるいは電車内でサラリーマンたちが遭遇した怒りのエピソード「ゆーうつ発⇒怒髪天行き」の暴走特急をご紹介しよう。

「SuicaなどのICカードのチャージが足らなくて、自動改札に引っかかった人に限って、チッって舌打ちしたり、残高が少ないのがわかっていたのか『あ、やっぱり』って言ったりするけど、ホント腹立つ。せめて申し訳なさそうにしろ!」(38歳・営業)

 というのはごもっとも。「改札の直前でモゾモゾ定期券を探し始めて止まるヤツ」も、やはりギルティだ。また車内でのつり革の使い方にも注視が及ぶ。

「くしゃみを受けた手でつり革につかまるな。鼻水や唾を揉み込んだのを見てるぞ!」(35歳・不動産)

「つり革を2コたぐり寄せて使うヤツ。電車が少し揺れたときも2点固定で微動だにせず、その“してやったり”な顔もまたムカつく」(31歳・通信)

「結構遠くのポジションから手を伸ばしてつり革につかまっている人のせいで、自分が仕方なく網棚のバーを持っているときが悔しい」(35歳・営業)

 また、自分の世界に浸っている行為にもNGが入る。

「スーツでヘッドホンのヤツ。音漏れもしてるし、ヒザとアゴでリズムを取っていたりすると腹立つなぁ」(30歳・家電販売)

「満員電車なのに頑なにスマホを見ていて、ヒジが張ってるヤツ。みんなが窮屈な思いをしてるのに。前の人の背中にスマホを置いちゃったり」(33歳・IT)

 満員とは言わずとも、やや混雑時によくいるのが「アタック25」ばりにカドに固執する輩だ。

「明らかに乗り降りの邪魔になっているのに、ドア横のスペースに腹を引っ込めて立っているのって、みっともないと思う」(36歳・公務員)

 同乗者にもこんなツッコミが。

「座れた時に必ず足を組んで、前に人が立ちにくいように予防線を張る同僚がいる」(25歳・建設)

「地下鉄の窓に映る自分をチラチラ見ながら話す友人」(28歳・サービス業)

 最後に、集団的迷惑行為の被害者の声。

「終電間際の電車でドア付近に立っている際、降りる人と残る人の『おつかれっした』『ごちそうさまでした』といつまでもやってる集団に挟まれた時の所在なさ」(28歳・商社)

 やはり誰もが電車マナーにはひと言モノ申したいようだ。しかし、今夜もその電車に乗って帰り、また明日にはその電車で出社する。サラリーマンもつくづく業の深い職業なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?