社会

「くしゃみを受けた手を揉んで平然とつり革に」…電車内の怒髪天シーン!

 毎日、多くの勤め人が往来する駅はさながら人間交差点。様々なエゴがぶつかり合う場所でもある。

 そんな駅、あるいは電車内でサラリーマンたちが遭遇した怒りのエピソード「ゆーうつ発⇒怒髪天行き」の暴走特急をご紹介しよう。

「SuicaなどのICカードのチャージが足らなくて、自動改札に引っかかった人に限って、チッって舌打ちしたり、残高が少ないのがわかっていたのか『あ、やっぱり』って言ったりするけど、ホント腹立つ。せめて申し訳なさそうにしろ!」(38歳・営業)

 というのはごもっとも。「改札の直前でモゾモゾ定期券を探し始めて止まるヤツ」も、やはりギルティだ。また車内でのつり革の使い方にも注視が及ぶ。

「くしゃみを受けた手でつり革につかまるな。鼻水や唾を揉み込んだのを見てるぞ!」(35歳・不動産)

「つり革を2コたぐり寄せて使うヤツ。電車が少し揺れたときも2点固定で微動だにせず、その“してやったり”な顔もまたムカつく」(31歳・通信)

「結構遠くのポジションから手を伸ばしてつり革につかまっている人のせいで、自分が仕方なく網棚のバーを持っているときが悔しい」(35歳・営業)

 また、自分の世界に浸っている行為にもNGが入る。

「スーツでヘッドホンのヤツ。音漏れもしてるし、ヒザとアゴでリズムを取っていたりすると腹立つなぁ」(30歳・家電販売)

「満員電車なのに頑なにスマホを見ていて、ヒジが張ってるヤツ。みんなが窮屈な思いをしてるのに。前の人の背中にスマホを置いちゃったり」(33歳・IT)

 満員とは言わずとも、やや混雑時によくいるのが「アタック25」ばりにカドに固執する輩だ。

「明らかに乗り降りの邪魔になっているのに、ドア横のスペースに腹を引っ込めて立っているのって、みっともないと思う」(36歳・公務員)

 同乗者にもこんなツッコミが。

「座れた時に必ず足を組んで、前に人が立ちにくいように予防線を張る同僚がいる」(25歳・建設)

「地下鉄の窓に映る自分をチラチラ見ながら話す友人」(28歳・サービス業)

 最後に、集団的迷惑行為の被害者の声。

「終電間際の電車でドア付近に立っている際、降りる人と残る人の『おつかれっした』『ごちそうさまでした』といつまでもやってる集団に挟まれた時の所在なさ」(28歳・商社)

 やはり誰もが電車マナーにはひと言モノ申したいようだ。しかし、今夜もその電車に乗って帰り、また明日にはその電車で出社する。サラリーマンもつくづく業の深い職業なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意