芸能

美女アナ「表⇔裏ギャップ度」ランキング<「想定外」編>(2)酔うとすごいフジ・椿原慶子

 10月からフジテレビ系夜の新報道番組のメインキャスターに就任することが決まった椿原慶子アナ(31)。入社以来、報道番組を主戦場に活躍し、アナウンス技術も評価され、フジきっての知性派アナとして知られている。だが、プライベートでは意外にも知性派どころか“痴性派”のごとき一面もあるとか。

「実は大の酒好きで、特にワインには目がない。気心の知れたスタッフや知人との飲みの席ではベロンベロンに酔っ払うこともしばしばです。同期のカトパンの送別会では、酔っ払って思いっ切りズッコケている姿を週刊誌に激写され、局内でも話題になりました」(フジテレビ局員)

 新番組のメインキャスターとして、今後はこれまで以上に注目が集まるだけに、酒絡みのトラブルを心配する声も出ているが、一方でこんな声も──。

「酔っ払った時の椿原はとにかくエロい。上目遣いでじっとこちらを見つめてきたり、さりげなく胸を押しつけてきたり、太腿程度なら平気で触らせますからね。まあ、最終的に体までは許しませんけど、そのへんのキャバクラ嬢より、男あしらいは上手ですよ。本人にも今が大事な時期という自覚があるでしょうから、酒をセーブするでしょうけど、あの濃厚なスキンシップがなくなると思うと、寂しさもありますね」(前出・フジ局員)

 同じく、報道番組で活躍するTBSの加藤シルビアアナ(31)も、独身時代はかなりの酒好きとして知られ、隙のなさそうなクールな外見からは想像もつかないユルさを見せていたという。

「結婚してからはだいぶ襟を正しているようですが、独身時代はけっこう飲み歩いていましたね。もともとが酒好きなので自分からガンガン飲むし、酔うとハーフ特有のフレンドリーさが前面に出て、やたらと体を密着させてきたり、ボディタッチが激しくなるんです。スキンシップの激しさに、『このままヤレるかも‥‥』と勘違いしたヤツも多かったようですよ」(他局の政治部記者)

 想定外のノリのよさでいえば、今年1月に社内結婚を果たしたフジの斉藤舞子アナ(36)も負けてはいない。昼の報道番組「FNNスピーク」を担当していることもあり、ハメを外さないよう気をつけていそうだが‥‥。

「担当する番組上、役人を相手する接待飲み会の場に駆り出されることが多いのですが、警察庁との飲み会の二次会でカラオケに行った際には、みずからマイクを手に取って、おどけたポーズを取りながら『後から前から』をノリノリで歌い上げて場を盛り上げていたそうです。『女子アナでもあそこまでやるのか!』と、警察庁の役人たちも大喜びだったとか」(前出・フジ局員)

 フジが政治や社会ニュースでスクープを飛ばす裏には、斉藤アナの「お色気カラオケ接待」が、人知れず効力を発揮しているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ