社会

驚愕直言「あなたが知っている健康常識では早死にする!」(2)血圧が高いほど生存率も高い

── では、予防接種についてはどうでしょう。

近藤 間もなく流行時期を迎えますが、インフルエンザワクチンを打っても、予防効果が期待できないどころか、逆に副作用などによって総死亡数が増えてしまうことが、海外での比較試験ですでに明らかになっています。さらに、ウイルスの死骸で作られる新型インフルエンザワクチンなどの不活性ワクチンの場合、死骸だけではヒトの免疫システムが応答しないため、アジュバント(補剤)と呼ばれる「毒」が加えられています。09年の鳥インフルエンザ騒動の際には、打ってすぐの即死も含め、100人以上もの人たちがワクチン接種で死亡しました。

── 何もしなくていい、ということですか。

近藤 インフルエンザは少し重めの風邪でしかなく、安静にしていればじきに治ります。解熱剤を飲んで熱を下げるのもダメ。熱はウイルスを退治するために、体自身が出しているからです。しかも、解熱剤には致死的な脳症を引き起こす危険性もあります。また、ワクチンはどれも「劇薬」に指定されています。予防接種ワクチンには近づかないことが賢明なのです。

── 風邪には抗生物質、というのも‥‥。

近藤 抗生物質は細菌には効きますが、風邪のようなウイルスには効きません。にもかかわらず、少なからぬ医者が風邪に抗生物質を処方し、患者も無効と知らずに服用しています。高齢者の場合、抗生物質で腸内の細菌が全滅、一掃させられたあと、悪玉菌がはびこることによる偽膜性大腸炎に陥って、死亡してしまうこともあります。同様に、女性の場合、抗生物質で膣内の細菌が一掃されたあと、真菌(カビ)がはびこって、膣カンジダ症にかかってしまうこともあります。要するに、風邪をひいたら医者にかからず抗生物質も飲まず、が実は最も安全で有効な対処法なのです。

── そもそも、医療介入や薬によって、なぜ死にやすくなるのでしょう。

近藤 もともと、ヒトの体には自然の調節機能が備わっており、その時々で最も理想的な状態になるよう調節されています。例えば、血圧が年を取るにつれて上昇していくのは、加齢によって動脈硬化が進んで血流が悪くなり、血圧を上げないと体の隅々にまで血液を送り届けることができなくなるからなのです。事実、フィンランドで行われた調査では、高齢者の場合、上の血圧(収縮期血圧)も下の血圧(拡張期血圧)も、高ければ高いほど生存率も高いという結果が出ています。85歳の高齢者でいえば、最長命だったのは「上の血圧180超/下の血圧100超」の人たちでした。

── それを薬で下げてしまうのは危険だ、と。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由