芸能

カズオ・イシグロの「ノーベル文学賞」受賞で綾瀬はるかの複雑胸中!

 今年のノーベル文学賞を受賞した、長崎県出身の日系イギリス人作家、カズオ・イシグロ。

「彼は1989年に長編小説『日の名残り』でイギリス最高の文学賞『ブッカー賞』を受賞した作家で、現在もロンドン在住です。ただ上梓した長編小説の中には日本を題材にしたものもあり、ルーツを大切にしたいという思いが表れています」(ブックライター)

 さて、そんな同氏が2005年に執筆したのが『わたしを離さないで』という小説だった。未読の方のために詳細なあらすじは書き控えるが、イギリスのある施設で育てられている子どもたちが、実は多くの人々を救うための重要な使命を担っていることがやがてわかる、悲しい物語だ。

 だがこの作品、実は去年TBS系でドラマ化されていたことをご存じだろうか?

「綾瀬はるかを主演にした同名の連ドラです。原作の舞台を日本に置き換えて作られました。しかし現実味のない設定だったこともあり、平均均視聴率は6.8%。綾瀬の“黒歴史”となってしまったのです」(芸能関係者)

 だが今、ドラマ化がされていたら、少なくともそこまで無残な数字には終わらなかったはずだ。

「主演の綾瀬は、イシグロ氏のノーベル文学賞の一報に祝福のコメントを寄せ、去年このドラマの宣伝のために渡英し、彼と4時間以上にわたっての対談に臨んだことを振り返っています。ただ、それだけに、今回のニュースを喜ぶ反面、ドラマ化もこれに合わせて作っておいたら…と胸中は複雑なんじゃないでしょうか。

 さらに彼女の所属事務所のホリプロも『ドラマ化するのはまだ早かった』と思っていることでしょう。というのも、ドラマ化される2年前の2014年、ホリプロの企画制作で蜷川幸雄監督のもと舞台化されているのです。今、その関係者は『少し早まったか』と後悔しているはず」(前出・芸能関係者)

 原作ものが相次ぐドラマ界。いかに早く映像化の権利を取り付けるかがポイントのようだが、タイミングを待ったほうが良いものもありそうだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
3
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
4
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
5
初写真集は20万部突破ある!田中みな実、「先端コリコリ胸」を“リアル”公開