芸能

キングオブコント優勝「かまいたち」がブレイクする3つの鉄板理由

 10月1日に行われたコント日本一を決める「キングオブコント2017」でみごと王者に輝いた「かまいたち」。結成5カ月で準優勝した「にゃんこスター」に話題はさらわれたが、結成から13年、2年連続決勝進出の実力派が最後は栄冠を勝ち取った。

「関西ではテレビ・ラジオなどで8本のレギュラーを抱えている売れっ子。ネタが面白いのはもちろん、ロケやひな壇のフリートークもいけるので、関西では実力派として活躍しています。今回の優勝をきっかけに本人達も東京進出に意欲を見せていますよ」(番組関係者)

 しかし、彼らには、実は東京進出に失敗した苦い過去がある。

「08年にフジテレビが次世代の若手芸人を発掘すべく始めた番組で選抜メンバーに残り、09年コント番組『ふくらむスクラム!!』のレギュラーに選ばれた。ところが、人気が出ずに番組は打ち切り。そのせいで二の足を踏んでいる面もあります。また現実問題として、東京進出するためには関西の番組を降りなければなりません。今年2月に山内健司が、5月に濱家隆一と、ダブルで結婚していた2人にとっては、大きな賭けになりそうです」(事務所関係者)

 しかし、前回とは事情も異なり、“追い風”も吹いているという。

「漫才日本一を決める『M-1』で何度も決勝進出を果たしている『千鳥』は、今では東京進出を果たし売れっ子として活躍中。目標でありライバルでもある彼らが、いいお手本になるはず」(放送作家)

 さらにこのイベントを放送したTBSにも、大人の事情があるそうだ。

「今年で『キングオブコント』も10年目を迎えましたが、過去の優勝者では、5年前のバイきんぐを最後に売れっ子と呼べるコンビやグループが出ておらず、打ち切りすら囁かれています。TBSとしても、そろそろまた番組からスターを作りたいところ。かまいたちは、関西の実力者だけにいろいろバックアップすることを考えているようです」(前出・番組関係者)

 そこで真っ先に白羽の矢が立つとすれば、やはり第1回から番組にも深くかかわっているダウンタウンなのではないか。

「『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の企画ものであれば、すぐ使えるのでは。ボケ担当の山内はブサイク芸人ランキングをにぎわせましたし、濱家も元ヤン芸人として充分キャリアがありますから」(放送作家)

 事務所の大先輩であるダウンタウン、良いお手本の千鳥、さらにTBSの大人の事情もうまく作用して、かまいたちの全国区ブレイクも間違いなしか!?

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!