芸能

「SASUKE」視聴率低迷の裏にあったA.B.C-Z塚田僚一への“特別待遇”

 10月8日に放送された「SASUKE」(TBS系)の20周年記念大会の平均視聴率が9.0%だったことがわかった。今年3月放送の第33回大会から0.5%減となり、10年の第25回大会でマークした7.5%以来の低調な数字となった。

 ただ内容的には、過去2回の完全制覇歴を持つ漆原裕治が4大会ぶりに1stステージを突破したり、アメリカのスタントウーマンであるジェシー・グラフが女性初の3rdステージ進出を果たすなど、視聴者の満足度は高かったようだ。そんな中、ある芸能人参加者の特別待遇に「SASUKE」ファンからの不満が聞こえてくるという。テレビ誌のライターが指摘する。

「ジャニーズ所属のアイドルグループ『A.B.C-Z』の塚田僚一です。15年から出場している塚田は3月の前大会では念願の1stステージ突破を果たしており、にぎやかしの芸能人参加者とは一線を画しています。とはいえ、ステージ挑戦後にはスタジオゲストの席に移動しており、特別待遇ぶりは明らか。しかもテレビ番組表で『A.B.C-Z塚田らが参戦!』と名前が出されているあたり、視聴率狙いが見え見えで、純粋な『SASUKE』ファンの不興を買っています」

 ただテレビ局にとって視聴率は何よりも重要な数字だ。番組表には他にもゴールデンボンバー・樽美酒研二の名前も使われており、彼らの参加が目玉になっているのは明らか。しかし塚田はそんなTBSの期待に応えていないという。

「塚田の登場を全面的にフィーチャーしながら、視聴率は前回より下がったのですから、視聴率に貢献できていないのは明らか。そもそも多くの視聴者は『塚田って誰?』という状態でした。しかも塚田はジャニーズ事務所内に『SASUKE』を模したセットを作ってトレーニングしてきたとのことですが、制作費は事務所かTBSが負担したと思われます。自腹を切ってセットを作っている他の出演者とは条件が違うわけで、彼の頑張りも素直に応援はできませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな声を吹き飛ばすには、次回の「SASUKE」での2ndステージ突破が必須だろう。だが、この12月には31歳となる三十路の塚田に、あまり時間は残っていないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に