芸能

はなわの新曲「お義父さん」、紅白出場が決定的な“テンコ盛り”感動要素!

 ニューシングル「お義父さん」がヒット中のお笑いタレントのはなわ。曲のタイトルにもなった妻・智子さんの父親が、末期の胃ガンと診断され、闘病を続けていたが、10月8日に亡くなった。

 そもそも、この曲は、はなわが智子さんが2歳の時に失踪した義父への思いを込めた曲で、昨年3月に妻への誕生日プレゼントとして作ったもの。今年3月にライブ映像をYouTubeに上げると、さらに話題を呼び、智子さんと義父の再会もかなったという。そして5月に音源をリリースし、ヒットを続けているのだ。

 10月15日放送のラジオ番組「はなわ・こんのひとみ夢をかなえよう」(TBSラジオ)に出演したはなわは、曲にまつわる何とも運命を感じさせるエピソードを淡々とこう語った。

「この歌がなければお義父さんに会えなかったですし、曲がきっかけで嫁も2歳の時に生き別れてから久しぶりに会えました。子供たちもこの歌をきっかけにおじいちゃんにも会えた。この歌が来年だったら会えなかったんだなって。お義父さんがずっと娘に会いたいと思っていたらしくて、その思いが僕に歌を作らせたのかな」

 はなわの弟であるお笑いコンビ・ナイツの塙宣之は、10月14日放送の「土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ系)で、曲が生まれた経緯を紹介している。

「稽古場ではなわがこの曲を歌っていたのを聴いたお笑いコンビ・オードリーが大絶賛。マネージャーにライブで歌うように進言されて、試しにライブで披露したところ、聴衆が号泣。それならとYouTubeにアップすると、一気に火が付きヒットしたんです」(芸能ライター)

 これで年末のNHK「紅白歌合戦」の出場は内定確実だろうと太鼓判を押すのは、スポーツ紙記者だ。

「歌詞が感動的で泣かせる、ヒットに至る裏話が面白い、生き別れの父娘の再会、祖父と孫の対面と泣かせる要素がてんこ盛り。応援ゲストとしてオードリーも呼べる。天国に召された義父への思いをはなわが語るシーンを盛り込めば、浪花節大好きな日本人にはピッタリの展開で、高視聴率間違いなし。言葉は悪いですが、こんな“優良物件”をNHKがスルーするはずない。引退発表の安室奈美恵にはヒジ鉄を食らって、例年以上に目玉がないと聞くし、もうすでにオファーが来ているのではないでしょうか」

 義父の告別式でこの曲をリクエストされ、涙ながらに熱唱したはなわ。紅白で、そんな「感動シーン」が再現されるのは、今のところ必至の情勢だ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは