芸能

美女アナ「艶カワ勢力図」が激変しているぞッ!(2)フジのエースと呼び声高い宮司愛海アナ

 こうした女子アナの勢力図が一目瞭然でわかるのが、「女子アナカレンダー」だと評するのはさるメディア関係者だ。

「フジが発行した2018年版カレンダーの表紙を見ると、最も目立つ中央上部に15年入社の宮司愛海アナ(26)がいる。実際に彼女を現在の『エース女子アナ』と見る向きは多いですよ」

 現在、「めざましテレビ」「さまぁ~ずの神ギ問」に出演している彼女について、

「女子アナ界トップクラスの“下ネタ耐性”を持っていて、打ち合わせではアダルトビデオや風俗に関する話にも平気で乗っかってくる。酒も強いうえに飲みのつきあいもよく、現場の評価は上々ですね」(前出・メディア関係者)

 朝の「めざましテレビ」ではメインキャスターの永島優美アナ(25)の陰に隠れてはいるものの、ショートカットで愛くるしい笑顔に、癒やされているおじ様族も急増中だとか。

「カレンダーの中で宮司アナと久慈アナがツーショットで登場しているんですが、互いにキュートな表情で顔を寄せ合って、アイドルのような扱い。両者への絶大な期待がかいま見えます」(フジ幹部)

 アイドルアナの“虎の穴”と言われていたフジテレビにも、いよいよ復活の日が近いかもしれない。

 一方、民放ではもはや敵なしの日本テレビは、これまで女子アナの“番組異動”は皆無だった。ところが、ここにきて大型移籍があり、局内外でも大きな話題となったばかり。その狙いはやはり「世代交代」にあるというのだ。

「今後の日テレを引っ張っていくのは、水卜麻美アナ(30)の後継者として『ヒルナンデス!』のMCに就任した滝菜月アナ(24)ですよ」

 と断言するのは前出のメディア関係者。

 16年入社の滝アナだが、その存在は入社当時から注目されていたようだ。

「『やたらと“エロい声の子”が日テレに入った』と話題になったんですよ。『ヒルナンデス!』は運動系のロケも多いので、彼女の“艶やかな吐息”を存分に聞くことができそうです」(前出・メディア関係者)

 そんな彼女はスタイルも一級品。続けて言う。

「9月末までBS日テレの『深層NEWS』に出演していたんですが、ミニスカからナマ美脚を惜しみなく披露していました。ゲストの政治家が彼女の美脚を凝視するシーンも一度や二度ではありませんでしたね」

 滝アナの魅力は美脚だけではない。日テレ社員の話。

「彼女はいわゆる『釣り鐘形』のEカップで、水卜アナをしのぐ超美巨乳の持ち主。スポーツロケでは吐息に加え、揺れる胸元からも目が離せません」

 2年目の滝アナに注目が集まる日テレだが、世代交代の波を感じさせる“まさかの提案”まで──。

「今年に入って、笹崎里菜アナ(25)、杉野真実アナ(27)、岩本乃蒼アナ(26)の3人で『21世紀版・DORA』を結成したらどうかという提案をしたプロデューサーがいるんです。もっとも、日テレが永井美奈子アナらを『DORA』としてアイドル的な売り方をした25年前とは時代が違いますから、実現には至らなかったようですね」(日テレ関係者)

 現在も独走で視聴率競争をリードする日テレ。その牙城が少しでも揺らげば意外な“女子アナユニット”が拝めるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?