スポーツ

「SP失敗」本田真凜が“練習嫌い”を克服できなかったワケ

 フィギュアスケートのシニアGPシリーズデビュー戦となるカナダ大会のSP(ショートプログラム)でミスを重ね、12人中10位となった本田真凜選手。FS(フリースケーティング)の挽回で総合5位となったが、さすがの本田もSPの失敗からはなかなか立ち直れなかったという。

「世界ジュニアで優勝し、初のシニア戦だったUSインターナショナルクラシックでは優勝と順風満帆にきた本田選手ですから、GPシリーズカナダ大会でも当然表彰台を狙っていたはずです。SPで失敗した晩は、頭からそのことが離れず、ちょっと寝ては目を覚ましの繰り返しで、まんじりともせずに夜を明かしたようで、翌朝の公式練習の際にも精彩を欠き、本調子になかなか戻れなかったといいます。浜田美栄コーチにも練習不足を指摘され、お灸を据えられたのだとか」(スポーツライター)

 本田選手といえば以前から練習嫌いとして有名だ。が、練習の虫として知られる先輩・宮原知子選手を見て、あれくらい練習しなくちゃいけないんだと影響を受けたと、数年前に浜田コーチが語っていたはず。練習嫌いを克服したのではなかったのか。

「宮原選手の影響で練習量が増えたとはいえ、もともとの練習嫌いという根っこは変わっていなかったんでしょう。宮原選手は昨シーズン後半からケガのため休んでおり、今季も平昌五輪代表選考に影響する全日本に照準を合わせる方針のようです。つまり、宮原選手はいつものような長時間の氷上練習ではなく、筋トレなど、質の高い良質な練習メニューに切り替えているのでしょう。それなのに、本田選手は宮原選手が氷上の厳しい練習をしないのにつられて練習時間が少なくなったのではないでしょうか。あるいは、宮原選手のように過酷な練習で故障を起こしたくないという言いわけを見つけた形になって、練習量が元に戻ってしまったのかもしれません」(前出・スポーツライター)

 そんな見方もなるほどと思いたくなるほど、浜田コーチの“練習嫌い”暴露のコメントはインパクトがあった。本田選手にも、コーチの思いがしっかり届いていればいいのだが…。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!