芸能

宮崎あおい、出演映画に後悔でわかった「完璧主義」「あの映画の降板理由」

 11月1日、第30回東京国際映画祭で「Japan Now 銀幕のミューズたち」部門作品「怒り」のQ&A上映会に李相日監督とともに出席した宮崎あおい。宮崎は同作品で演じた「愛子」に対し、役作りに悩み続け、出演を後悔したこともあったと明かし、会場内をどよめかせた。

 宮崎は「自分は愛子ちゃんとまったく違う人間で、自分の中に愛子ちゃんがいる気がしなかったので、すごくずっと悩んでいました」「(愛子が)わからなさすぎて、撮影に入る1カ月くらい前から現場に入るのが怖いな、とか、何でやろうと思っちゃったんだろうと考えるくらい悩んでいました」と吐露。さらに「リハーサルでも何かをつかめることが実感としてなかった」と語り、衣装合わせの際に用意された花飾りを見て「こういう子なのかな」と少し手ごたえを感じたものの「現場に入ってちょっとずつなのか、最後までつかめなかったのかは自分でもよくわからなかった」と告白を続けた。

「ネット上では、この宮崎の発言に驚きの声が続出しています。宮崎の思いとは裏腹に、その演技は高い評価を受けていましたからね。そして一連の流れを見ていると、宮崎には、他にも出演を強く後悔したのではないかと思われる作品があるんです。それが05年公開の中島美嘉ともに主演した映画『NANA』。観客動員数は日本だけでも300万人を超え、興行収入は40億円を超える大ヒット作品となったため、翌06年には『NANA2』が公開されました。しかし、中島が続投したにもかかわらず宮崎は降板。代わりに市川由衣が出演した経緯があり、宮崎は『怒り』以上に『NANA』の出演を後悔しているのではないでしょうか。『NANA』での役柄は、恋多き女性で、演技も高く評価されていたんですが…」(女性誌記者)

 演じた役者の達成感と観客の感想には、大きな開きがあるということだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬