芸能

年上のウエンツ瑛士にもタメ口!堀口ミイナは確信犯の新“炎上タレント”か

 11月5日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)にタレントの堀口ミイナが出演。同番組は芸能ニュースや社会問題などについて、タレントや識者などが意見を交わすトーク番組。そこで、堀口のタメ口や辛辣なコメントにネットが逆上した。

 神奈川県座間市の遺体遺棄事件では、堀口は「自殺したいと思っている、弱い心の人をツイッターというプラットフォームで引き寄せている」と発言。堀口の「弱い心の人」という部分にネットは反応した。〈あんたは今まで一度でも死にたいと思うくらい悩んだり、悲しんだりしたことがないわけ?〉〈自殺するのは弱い心の人? それは違う気がして、つらいよ、わたしは〉など、堀口の発言を否定する意見が大勢を占めた。

 生まれつきの茶色の髪を黒く染めるように何度も指導された大阪府立高校の女子生徒の問題では、自身の経験を吐露。それによると、公立中学校時代、ピアスはしていなかったが、ピアスの穴を担任に注意された。しかし堀口が生まれたトルコでは年齢に関係なく、ピアスをするのが一般的らしく、それを説明したところ、担任も渋々納得したという。

 この発言に対して、ネットでは〈トルコではピアスの穴を開けるのが普通とか、日本人知らないだろ。説明して引き下がったなら、良い先生だよ。なんでdisるんだよ〉〈そもそも人工的に開けるピアスの穴と、天然の髪色の問題は別じゃないの?〉など、堀口の発言をバッサリ。

「番組では、タメ口で話すことも多く、ネットでも叩かれていました。タレントのウエンツ瑛士も出演していましたが、彼にもタメ口でした。年齢は堀口よりもウエンツが年上で、芸能界でも先輩なんですけどね。また、他のコメンテーターが話している時に、割り込んで話をすることもありました。ネットでも『お前が司会者か』と突っ込まれていました」(テレビ誌ライター)

 堀口は日本とトルコのハーフで、トルコ生まれ。日本語とトルコ語のほか、英語・スペイン語・中国語を話し、早稲田大学卒の才女。三菱商事に勤めていた経験もある。学がありすぎて発言が行きすぎたのかもしれないが、頭が良くてもネットの反応は読めなかったようだ。それとも折込みずみ!?

(石田英明)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!