スポーツ

松坂大輔とイチロー「二大戦力外」のストーブ戦線(3)代理人と「極秘接触」した球団

 メジャー17年目の今季もイチローは存在感を発揮していた。代打安打で27本をマーク。メジャー記録の28本にあと1本届かなかったとはいえ、歴代2位の数字を記録した。代打起用という非常に難しいポジションを強いられながらも、44歳にして難なくハイレベルな仕事をやってのけてしまう能力には、まだまだ多くのメジャー球団から熱い視線を投げかけられている。去就先に困り果てている松坂とは様相が違うようなのだ。

 実際、始まったばかりの「MLBストーブリーグ」でイチローは早々に名前をあげられ、全米でも関心の高さを証明している。中でも注目は、古巣・マリナーズが「レジェンド」をカムバックさせるべく再獲得に動くとメジャー関係者の間でささやかれているのだ。地元有力紙「シアトル・タイムズ」でも10月末に〈イチローはシアトルに帰ってくるべきだ〉との特集記事が組まれるなど、現地メディアでもレジェンドへの熱烈なラブコールは鳴りやんでいない。

「より具体的な情報としては、つい先日、イチローの代理人を務めるジョン・ボッグス氏とアスレチックスの幹部が極秘接触したといいます。それ以外にもフィリーズとジャイアンツのナ・リーグ古豪2球団もイチローの獲得に強い関心を寄せていると、複数の米メディアが報じている」(メジャー担当記者)

 まさに引く手あまたで、来季もメジャーで18年目のシーズンを迎えそうだ。とはいえ「50歳まで現役続行」を目標にしているイチローにとって、その先、将来的な日本球界復帰という流れはありえないのだろうか──。イチローに近い関係者に聞くと「まずありえないでしょう」と笑い飛ばし、次のように続けた。

「イチローが引退すれば、まず間違いなくメジャーリーグで日本人初の殿堂入り選手となる。自身の商品価値がどのようなレベルにあるか、ほかならぬイチロー本人がわかっている。だから晩節を汚したくないんです。メジャーで通用しなくなったからといって、日本球界に逃げ道を作る“安売り”は自分の美学に反すると考えています。それを選んでしまうと、自分が貫いてきた生き方にも傷をつけてしまうと思い込んでいる。メジャーでプレーヤー人生を全うする。それがイチローの考え方であり、生き方なのです」

 どこまでもストイックなイチローの姿勢は、同じく窮地に立たされもがいている松坂とは対照的に見える。

 日米の大舞台でしのぎを削ったスーパースター2人は、はたして来季、どのチームのユニホームを着ているのだろうか。注目が集まっている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び