芸能

とんねるず「みなおか終了」でCS放送に「都落ち」説が急浮上するワケ

 来年3月に冠番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の終了が報じられたとんねるず。石橋貴明と木梨憲武の2人はまだ50代で、隠居を決め込むような年齢ではない。しかし1本800万円とも言われる高止まりのギャラや、大御所ゆえの取り扱いの難しさなど、今後の出演番組についてはまだ白紙の状態だと言われている。

 その2人が今後、活動の場をCS番組に移す可能性があるというのだ。テレビ誌のライターがささやく。

「とんねるずとフジテレビはズブズブの関係で、今世紀に入ってから他局で放送されたレギュラー番組は01年に終了した『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)と、正月だけに放送される特番の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』(テレビ朝日系)のみ。今さら他局が彼らを起用するとは思えません。とはいえフジテレビが彼らのレギュラー番組を新たに作るとはとても思えない。そこで彼らが活路を見出すのが、かつての仲間を頼れるCS番組ではないでしょうか、というわけです」

 フジテレビには“とんねるず班”と呼ばれた制作スタッフ陣がおり、その中心人物だった港浩一氏は常務を経て子会社・共同テレビジョンの社長に就任。港氏の部下で「野猿」のメンバーでもあった神原孝氏は現在、別の子会社・FCCの執行役員へと出世している。この二社は番組制作会社で、CSチャンネルのフジテレビONE/TWO/NEXT向けに多数の番組を制作しているのだ。

「CS番組ならフジテレビ本体よりも自由な番組制作が可能で、とんねるずを起用しても本社からニラまれることは少ないはず。そのぶん制作費は激安ですし、イメージ的には『都落ち』感こそ否めませんが、すでに一財産を築いたはずのとんねるずならギャラよりも、自分たちがやりたい番組にこだわる可能性も高い。深夜番組の『オールナイトフジ』(83~91年)で頭角を現した経歴もありますし、当時のハチャメチャな空気をCS番組で再現したいと考えても不思議はありません」(前出・テレビ誌ライター)

 規制の厳しくなった現在とは異なり、80~90年代の深夜番組は何でもありで、とんねるずも若さに任せて暴れまくっていたもの。あの自由奔放ぶりが蘇るなら、視聴者もとんねるずのCS異動を歓迎するかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ