芸能

おぎやはぎ「M-1」を巡って吉本にケンカを売っていた!?

 一言多いことでおなじみのお笑いコンビ・おぎやはぎが、11月16日放送「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、言わなくてもいいことを連発し、ベテランの越権行為として、お笑いファンのヒンシュクを買っている。

 おぎやはぎは、「M-1グランプリ2017」の準決勝で敗退したベテラン勢の南海キャンディーズやハライチについて言及。矢作兼は「イヤだもん。敗者復活で、南海キャンディーズってなったら、イヤだもん。だって。ズコッてなっちゃう」と話し、その理由を「敗者復活は、敗者復活らしいさ、若手が来ないとな」と説明した。それだけならまだしも、笑いながら「これは本当に申し訳ない、山ちゃん。敗者復活には出ないで欲しい」と南キャンを名指し、メンバーの山里亮太に“直訴”したのだ。

「敗者復活戦は1組が選出され、決勝戦に出場しますが、選出方法は投票です。いわば人気投票的な部分があって、南キャンは知名度も高いし、人気もあるから、ひょっとしたら選ばれるかもしれませんね。ファンの後押しということなので、選ばれた場合、断る理由は何もなく、胸を張って出ればいいだけです。ところが、おぎやはぎの小木博明は、『山ちゃん、ごめんね』と謝りながらも、はっきりと(南キャンが出場したら)『ブーッだよ。ブーイング、ブーイング』とダメ出ししていたわけですからね。ご意見番のつもりかもしれないが、よけいなお世話としか言いようがありませんよ」(芸能ライター)

 おぎやはぎは、所属事務所である「プロダクション人力舎」の後輩芸人に、「後進に道を譲れ」と諭しているのではない。人力舎所属の芸人が業界老舗の吉本芸人に出場辞退を迫ったのだ。あくまで冗談めかして言っているが、案外コトは重大かも。だとすれば、投げた石はデカい。筆者としては、波紋の広がりが大いに心配される。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」