芸能

キンコン西野「M-1改善案」提案も同業者から「お前が言うな」の指摘!

 絵本「えんとつ町のプペル」が33万部、ビジネス書「革命のファンファーレ ~現代のお金と広告~」が10万部を突破し、作家としてヒット作を連発しているお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣。芸人の枠に留まらず、いまや文化人、実業家としても活躍する西野だが、その活動に所属事務所も大きな期待を寄せているようだ。

 11月21日、公式ブログで吉本興業の大崎洋社長と食事をしたことを明かした西野。大崎社長から若手時代のダウンタウンに関する「小劇場で芸を培い、テレビでの活躍につなげた」エピソードを聞く中で、西野は「M-1グランプリの改善案」を思いついたという。ブログによると、西野は「M-1では準決勝のみ会場が大きい」ことを指摘し「大会を面白くするためには、準決勝も決勝戦と同じサイズの劇場でやったほうがいい」と綴ったが、西野の提案に現場の反応は──。

「確かに言うことはわかりますよ」と語るのは、関東を中心に活動する中堅芸人だ。「準決勝で急にハコ(会場)が広くなって調子が狂うという話は定番。決勝の会場で準決勝の感覚でやるとスベるとも言われていますね」

 西野の提案に概ね賛同する同氏だが、こうも指摘する。

「大会を運営する側や、M-1で優勝した芸人ならともかく、M-1で勝っていない西野さんが『改善案』を出すのはダサすぎる。『お前が言うな』と言われる話ですよ」

 キングコング西野による「M-1改善案」。現場の反応は冷ややかであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
2
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
3
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
4
人気女子アナ「ナニコレ“チン”百景」を大放出(2)岡副麻希の番組衣裳が…
5
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?