社会

「スマホをしまい降りない」「席を横滑り強奪」…電車内「反則行為」に怒れ!

 さながら、大のオトナたちによる「仁義なき椅子取りゲーム」。それが通勤電車内の風景だ。だが、一線を越えた「反則行為」には厳しく目を光らせたい。そんな車内での無慈悲なシーンを通報する声を集めてみた。

●悪質な「次で降ります」フェイント

「電車が駅に差し掛かるタイミングでスマホをしまい、立ち上がるのかと思いきや寝るヤツ」(33歳・販売)

「駅に到着したところで窓の外を見て、結局、降りない人」(35歳・商社)

「扉が開いた瞬間に、姿勢を立て直して座り直すヤツは絶対ワザと。心の中でニヤニヤしているに違いない」(30歳・建設)

 立っている者にとっては「次の駅で誰が降りるのか」に注意を払い、予兆を察して何気なく前方を押さえるのが常套手段。それをあざ笑うかのようなフェイント行為は許せない!

●座席のスライド強奪

「自分が立っていて、前の座っている人が降りた瞬間、その隣に座っている人がスライドしてくるパターン。端の座席狙いで立っていると、よくやられる印象」(37歳・保険)

 それほど混んでいなくても起こるのが「端の取り合い」。早めに降りていく人を見抜き「やっと座れる」と思った矢先に「今まで座れてたじゃん」という人に奪われる屈辱。しかも、隣に立っていた人が「ごっつあん着席」するのだから、たまらない。

●扉の両サイド攻防戦

「扉のすぐ脇に立っていて、駅に着いた時に降りる人の邪魔にならないように一度降りて、最後尾から乗車し、再び、脇を取る段取りだったのに、自分が降りた途端、車内に残っていた人にスッとポジションを取られてしまったときのやるせなさ」(34歳・出版)

 この場合、その後、車内での当事者2人の「ちょっと気まずい雰囲気」も嫌なもの。こういうことになるから、「降りる人の邪魔になってでも扉脇にしがみつくヤカラ」が出現してしまうのだ。

●アクション映画ばりの強引乗車

「遅刻気味でヒヤヒヤしているときに限って、ギリギリで強引に乗車するヤツのせいで扉が開いたり閉まったりして、なかなか出発しないことがある。乗ったヤツは危機一髪を乗り越えた安堵の表情をしているが、出発が遅れたタイムロスが命取りになる人もいるということを忘れるな!」(31歳・製造)

 扉に挟まれながら無理やり乗った人に限って、照れ隠しなのだろうが、やたら涼しい顔をして佇むのも、ひと言言いたくなるポイント。怒りのぶつけようもない反則行為だが、せめて誰かにブチまけて溜飲を下げるしかないか…。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!