エンタメ

人気漫画「はじめの一歩」が衝撃展開!まさかの連載終了か!?

 週刊少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」の展開が壮絶すぎるとして、漫画ファンの注目を集めている。同漫画はいじめられっ子の幕之内一歩が、プロボクサーと出会ってみずからもボクシングを始め、世界チャンピオンを目指すという物語。現在は一歩とフィリピン人のアントニオ・ゲバラの試合が描かれていた。

「一歩は前のアルフレド・ゴンザレス戦で敗戦を喫しており、今回は復帰戦となります。試合の前は相手が噛ませ犬であるかのように描かれていたため、読者は一歩の完勝を期待していました。ところが、11月22日発売号でまさかのTKO負けしてしまいました」(漫画誌ライター)

 続く、11月29日発売号ではパンチドランカーであることを一歩が認める描写があったため、今後ボクサーを続けるのは難しい状況になってしまった。もし引退となれば、永遠のライバルである宮田一郎と試合をしないまま漫画が終わってしまう可能性がある。

「『一歩』は少年誌の漫画らしい『努力すれば願いが叶う』というタイプの作品です。それが宮田と対戦しないとなれば、漫画として成り立たなくなってしまう。例えるなら『あしたのジョー』で矢吹丈が力石徹と試合をせずに終わるようなもの。ファンが騒然となるのもわかります」(前出・漫画誌ライター)

 さらに11月22日号の終わりのページにある、作者の森川ジョージ氏のコメントが混乱に拍車をかけた。森川氏は「やり返す イコウフジカワ 覚えとけ」と恨みを告白するかのようなコメントをつづったのだ。この「イコウ」と「フジカワ」は少年マガジンの関係者のようだ。ある漫画誌編集者によると、

「少年マガジンは1人の作家に2人の編集者が担当としてつきます。森川先生が名前を上げた2人が担当者だということは十分考えられる。先生と担当編集者の間で何らかのトラブルがあり、怒った森川先生が連載を無理やり終了しようとしているのかもしれませんね」

 というのだ。ツイッターの「はじめの一歩担当」アカウントはこの騒ぎを受けて「今後も、続きますよ…!」とツイートしているのだが…。今後の一歩から目が離せないことだけは確かだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!