エンタメ

人気漫画「はじめの一歩」が衝撃展開!まさかの連載終了か!?

 週刊少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」の展開が壮絶すぎるとして、漫画ファンの注目を集めている。同漫画はいじめられっ子の幕之内一歩が、プロボクサーと出会ってみずからもボクシングを始め、世界チャンピオンを目指すという物語。現在は一歩とフィリピン人のアントニオ・ゲバラの試合が描かれていた。

「一歩は前のアルフレド・ゴンザレス戦で敗戦を喫しており、今回は復帰戦となります。試合の前は相手が噛ませ犬であるかのように描かれていたため、読者は一歩の完勝を期待していました。ところが、11月22日発売号でまさかのTKO負けしてしまいました」(漫画誌ライター)

 続く、11月29日発売号ではパンチドランカーであることを一歩が認める描写があったため、今後ボクサーを続けるのは難しい状況になってしまった。もし引退となれば、永遠のライバルである宮田一郎と試合をしないまま漫画が終わってしまう可能性がある。

「『一歩』は少年誌の漫画らしい『努力すれば願いが叶う』というタイプの作品です。それが宮田と対戦しないとなれば、漫画として成り立たなくなってしまう。例えるなら『あしたのジョー』で矢吹丈が力石徹と試合をせずに終わるようなもの。ファンが騒然となるのもわかります」(前出・漫画誌ライター)

 さらに11月22日号の終わりのページにある、作者の森川ジョージ氏のコメントが混乱に拍車をかけた。森川氏は「やり返す イコウフジカワ 覚えとけ」と恨みを告白するかのようなコメントをつづったのだ。この「イコウ」と「フジカワ」は少年マガジンの関係者のようだ。ある漫画誌編集者によると、

「少年マガジンは1人の作家に2人の編集者が担当としてつきます。森川先生が名前を上げた2人が担当者だということは十分考えられる。先生と担当編集者の間で何らかのトラブルがあり、怒った森川先生が連載を無理やり終了しようとしているのかもしれませんね」

 というのだ。ツイッターの「はじめの一歩担当」アカウントはこの騒ぎを受けて「今後も、続きますよ…!」とツイートしているのだが…。今後の一歩から目が離せないことだけは確かだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上