芸能

天才テリー伊藤対談「ペンギンズ」(4)ネタのオチ、余韻があって好きだな

テリー ネタは、どちらが書いているの?

アニキ 2人とも書けるんですけど、今の比重はノブオのほうが多いですね。

テリー これからも「アニキ漫才」は続けていくと思うんだけど、この先、どう展開していこうと考えているのかな?

ノブオ う~ん、どうなんでしょうか‥‥アニキとノブオはキャラクターがハッキリしてる分だけ、ネタはいくらでも作れるんです。ちょっとずつマイナーチェンジをしていく中で、また何か新しいネタが生まれたらいいな、とは思っているんですけど。

テリー 最近、小道具も使ってるでしょう? それも、マイナーチェンジの流れなのかな。

ノブオ ヤバい、テリーさん、本当に僕らのネタを見てくれてるんですね(笑)。

テリー 俺、さっきの浅漬けの話、いいと思うんだけどな。だって、芸人が売れて変わったエピソードはいろいろ聞いてるけど、「漬物が一品増えた」っていうのは、初めてだよ(笑)。

ノブオ うちのアニキ、けっこうポンコツなんですよ。この前もタコの刺身を食べながら、「うまいバイ貝だな」って言ってました。

テリー ハハハ、バカだなァ。

ノブオ (キャラの声で)コラーッ、アニキはバカじゃねェぞ!

テリー でも、そういう部分をもっと出していいんじゃないの? アニキが京都のおいしい漬物屋とかに妙に詳しかったりするの、おもしろいじゃない。

ノブオ なるほど。僕も調理師免許を持っているので、料理関係のネタはいろいろ作れそうです。

テリー そういうことをやっていると、料理番組にも呼ばれるよ。

ノブオ そうか、そういえば前に、あるカラオケ店の名前をネタのオチに出したら、あとで優待券を送っていただきました(笑)。

テリー ああ、毎回アニキが「ノブオ、○○行くぞ」って言って舞台を去っていくやつね、俺もあれ、大好き。何か、余韻が残るんだよな。

アニキ 本当ですか!?

テリー うん。普通の漫才みたいに「ありがとうございました~」で終わると、今までのおもしろかった話がいかにも作り物みたいな感じで、見てるほうが冷めちゃうんだよね。でも、キャラのまま「○○行くぞ」って去られると、「こいつら、本当にこのまま、そこに行くのかな」みたいに感じられるから。

ノブオ テレビドラマで「つづく」って出るようなイメージですかね?

テリー そうそう、その余韻はすごく新鮮だなと思った。あそこも、もっといろいろ遊べそうだよな。「○○行くぞ」って一度去るんだけど、「今日、休みでした」とか言って、また戻ってきてさ。

アニキ ああ、それ、いいですね(笑)。

テリー 「○○行くぞ」でCM来るといいね。

ノブオ いやあ、そういうお話をいただけたら、ある意味「キャラクター勝ち」だと思っています(笑)。

テリー じゃあ最後に聞くけど、なんでペンギンズっていうコンビ名なの?

ノブオ 先輩につけてもらったんですけど、アニキがペンギン好きっていう設定なんですよ。

アニキ バツイチで、行きつけのスナックのママを狙っているという裏設定もあります(笑)。

テリー フフフ、まだまだ、アニキ&ノブオで笑わせてくれそうだね、期待してるよ!

◆テリーからひと言

 全然2人ともチンピラじゃないよな(笑)。でも、苦労してきただけあって、一生懸命で応援したくなるよな。漬物ネタ、いつかやってみてよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合