スポーツ

平成の怪物・松坂大輔の「生涯野球小僧」宣言に漂う現役続行の「難」

 3年12億という巨額契約。しかし、登板1試合。1イニング5失点という内容で戦力外通告を受け、ソフトバンクホークスを退団した「平成の怪物」松坂大輔の独占インタビューが「『生涯野球小僧』宣言!」と題され12月1日発売の「FRIDAY」に掲載された。

「内容は、戦力外通告の経緯、報道されていたチームメイトとの関係、ケガの状況やバッシングについてなど、率直で赤裸々なものでした。タイトルにもなっている『生涯野球小僧』というのは、誌面に大きく掲載されているサインボールに書かれている『いまの心境を』とのお題によるものです」(スポーツライター)

 インタビューでは、「できれば日本で、しかし野球ができるならどこでもいい」と、戦力外報道時と変わらず、現役を続ける意向が伺えるが…。

「それは難しいのではないでしょうか。ソフトバンクでも、入団当初はグッズが結構売れたそうですが、あくまで戦力としてではなく、広告塔としての価値を他球団が買ってくれるか…ということになる。図らずも『小僧』という文字が示していますが、高校で伝説的な成績を残した松坂は、破格の条件で西武ライオンズに入団し、交通違反をしても当時の黒岩広報が身代わり出頭したように、過保護すぎる扱いを受けていたわけです。メジャーに渡っても、アメリカのマウンドや練習法に合わせることができず、別メニュー調整を強行してチームメイトとミゾを作り、ついにはフォームを崩し、ヒジを痛めた。メジャーから『戦力外通告』を受けて、日本球界に復帰したら、あの破格の契約。この体たらくは、ある意味で松坂が『大人になれなかった』からとも言える。ケガは乗り越えて『投げられるようになった』とインタビューで答えていますが、彼が最も改善すべき『子供』な部分が変わっていないことが、証明されてしまっている」(前出・スポーツライター)

 プロ野球か、国内、あるいは海外の独立リーグ…はたして、彼にチャンスの手を差し伸べる球団はあるだろうか?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ