スポーツ

平成の怪物・松坂大輔の「生涯野球小僧」宣言に漂う現役続行の「難」

 3年12億という巨額契約。しかし、登板1試合。1イニング5失点という内容で戦力外通告を受け、ソフトバンクホークスを退団した「平成の怪物」松坂大輔の独占インタビューが「『生涯野球小僧』宣言!」と題され12月1日発売の「FRIDAY」に掲載された。

「内容は、戦力外通告の経緯、報道されていたチームメイトとの関係、ケガの状況やバッシングについてなど、率直で赤裸々なものでした。タイトルにもなっている『生涯野球小僧』というのは、誌面に大きく掲載されているサインボールに書かれている『いまの心境を』とのお題によるものです」(スポーツライター)

 インタビューでは、「できれば日本で、しかし野球ができるならどこでもいい」と、戦力外報道時と変わらず、現役を続ける意向が伺えるが…。

「それは難しいのではないでしょうか。ソフトバンクでも、入団当初はグッズが結構売れたそうですが、あくまで戦力としてではなく、広告塔としての価値を他球団が買ってくれるか…ということになる。図らずも『小僧』という文字が示していますが、高校で伝説的な成績を残した松坂は、破格の条件で西武ライオンズに入団し、交通違反をしても当時の黒岩広報が身代わり出頭したように、過保護すぎる扱いを受けていたわけです。メジャーに渡っても、アメリカのマウンドや練習法に合わせることができず、別メニュー調整を強行してチームメイトとミゾを作り、ついにはフォームを崩し、ヒジを痛めた。メジャーから『戦力外通告』を受けて、日本球界に復帰したら、あの破格の契約。この体たらくは、ある意味で松坂が『大人になれなかった』からとも言える。ケガは乗り越えて『投げられるようになった』とインタビューで答えていますが、彼が最も改善すべき『子供』な部分が変わっていないことが、証明されてしまっている」(前出・スポーツライター)

 プロ野球か、国内、あるいは海外の独立リーグ…はたして、彼にチャンスの手を差し伸べる球団はあるだろうか?

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
工藤静香、Koki,との母娘写真公開で噴出した「憐れみ」と「批判」!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
竹内結子、「ストロベリーナイト」出演中の新婚夫のために主役を譲っていた!?
4
また熊本絡み?藤原紀香、「阿蘇山噴火が心配」コメントも批判殺到したワケ!
5
加藤綾子にフジ局内から今になって聞こえてきた「後悔の声」とは?