スポーツ

プロ野球、契約更改での壮絶「銭闘」が見られなくなった理由とは?

 プロ野球の「ストーブリーグ銭闘」も今や昔。かつては、シーズン以上に盛り上がる契約更改もあった。球団提示額に不満を露わにする選手、交渉がまとまらずに「越年」する選手…ところが近頃では、マスコミを使った「口撃」を目にする機会もほとんどなくなった。なぜなのか?

「ひとつは、球団が選手との『裏交渉』をしっかりやるようになったというのがあると思います。やはり、選手がマスコミの前であからさまな球団への苦言を呈することでのイメージダウンを避けたいという思惑があるのでしょう。2013年のオフに落合博満がGMに就任し、血も涙もない10億円のコストカットをした時も、表立って選手側のコメントが誌面をにぎわせるということがなかったですし」(スポーツライター)

 その中日は、今でも語り草になっている福留孝介の「誠意とは言葉ではなく金額」(07年)を筆頭に、井端弘和の「ショックで震えることってあるんですね。金額を見た瞬間に足がガクガクになりました」。さらに後日「日が経って、さらに腹が立ってきた」(05年)という至言も。荒木雅博は「ハワイで夢を見ました。球団から『低姿勢でいてくれたら、金額を上げてやる』って」(07年)という発言も。藤井淳志の保留でのイメージダウンについて「アイドルじゃないんで。どうでもいい」(09年)や、川上憲伸の「こんなに活躍できる年は一生に一度あるかないかだと思う。だから『来年活躍したら上げてやる』という言葉には乗らない」(04年)という「銭闘体勢」な言葉もあった。

 話を戻そう。契約内容の複雑化によって「大台突破」「3億円」などとシンプルに出しにくくなったという見方もある。

「代理人交渉制度が定着したことも大きいでしょうね。かつては、いわゆるビジネスマンが、子供の頃から野球しかしてこなかった人を相手に高圧的に契約を結ぶ図式がありましたから。また、出来高でのインセンティブ契約を結んでいる選手が多く、発表されている金額と実際に受け取っている金額が全然違うというケースも増えてきています」(前出・スポーツライター)

 その昔は、契約更改時の記者会見で「いち・ろく・ご」(1億6500万円)とコメントを発した中日時代の落合博満や、「5億円突破!!」と書かれたバズーカ型クラッカーを放った巨人時代の松井秀喜など、誰の目にも歴然な「明朗会計」だったものだが、これも時代の流れだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)